覚えておきたい!誘いを上手に断るには?

褒められた。さて、どうする?
“tall” と “high”、どっちを使う?
“That’s a shame” は「それは恥だね」?

スポンサーリンク

何かに誘ってもらったけど断らないといけない時、上手に “No” を伝えるのって難しいと感じたことはありませんか?

感じ悪くならないようにするためにはどう言えばいいのか・・・日本語でも気を遣いますが、英語となるとさらに難しく感じてしまうかもしれません。

そこで今回は、お誘いを感じよく断る方法を紹介します!

“No” と言うのは悪いことじゃない

できるだけポジティブな言葉を使うように心がけるのはとてもいいことだと思いますが、”No” と言うのが必ずしも悪いとは限りません。

むしろ、誘われたけど行けない(もしくは行きたくない)ような場面では「行けるか分からないけど・・・」と言うのではなく、ハッキリ “No” を伝えたほうがいいです。

大事なのは “No” の伝え方です。

例えば、あなたが「今日飲みに行かない?」と友達を誘った時に「行かない」と一言だけ言われたら、どんな気持ちになるでしょうか?ちょっと感じ悪いですよね。

これは英語でも同じこと。”No” とだけ言うのではなく、押さえておきたいポイントがあるんです。

英語でのコミュニケーションが得意ではなくても、このポイントをおさえるだけで相手に与える印象がガラッと変わりますよ!

スポンサーリンク

誘いを断るときのポイント

一番大事なのは、やはり “No” だけで済ませないこと。
具体的には以下の2つを付け加えるといいと思います。

  1. “No” の理由
  2. ポジティブ情報

何かに誘われたけど行けないといった場合には、理由を言うのが一般的です。例えば “Sorry” に続けて、

  • I have plans tonight.
  • I have something else this evening.
  • I have a lot of work to do today.
  • I’ll be at work this Saturday.
  • I’m going to be out of town this weekend.
  • I’d rather stay home tonight.

みたいな感じですね。理由は短くてOK。ダラダラ長く説明する必要はありません。

そして、理由に続けてポジティブ情報を付け加えるのが結構大事だったりします。ポジティブ情報とは、例えばこんなものです。

  • またの機会にね
    another time will be great
    let’s catch up soon!
    can I take a rain check?
  • 来週末なら空いてるよ(違う日程を提案)
    I’ll be free next weekend
  • 楽しんできてね!
    have fun!
    enjoy!
  • 誘ってくれてありがとう
    thanks for inviting me

6/52 i don’t mind

“Sorry” のワンパターンから脱出!

誘いを断る場合には “Sorry, I can’t.” のように、”sorry” を使うことは多いですよね。

“sorry” でも全く問題ないのですが、それ以外にも誘いを断るときにぜひ使いたいワード・フレーズがあるんです。それが、こちら。

  • 残念ながら
    I’m afraid
    Unfortunately,
  • 行けたら行きたんだけど
    I’d love to but
    I wish I could

です。これらを付けることで「残念だけど…」「行けたら行きたいんだけど…」というニュアンスが出せます。

  • 申し訳ないけど行けないんだ。土曜日は仕事なんだ
    I’m afraid I can’t make it. I’ll be working this Saturday.
  • 残念ながら今週末は予定があるんだ
    Unfortunately, I have plans this weekend.
  • 行けたらいいんだけど、今日は仕事がいっぱいあるんだ
    I wish I could go but I have a lot of work to do today.
  • 行けたら行きたいんだけど、今夜は子供たちの面倒を見なきゃいけないんだ
    I’d love to go but I have to look after the kids tonight.

これらのワード・フレーズは丁寧に断るときの定番ですが、単に「行けない」と言うのとは与える印象が違ってくるので、サラっと口から出るようにしておきたいですね。

ポジティブ情報って結構大事かも

私が個人的に大事かなと思っているのは、上の【誘いを断るときのポイント】で紹介した2番の【ポジティブ情報】です。

誘ってもらって本当に行きたかった場合はもちろん、あんまり気乗りしないから丁寧に断りたい…なんていう時にも、相手に「興味があるんだよ」という気持ちを見せることが上手に断るポイントのような気がしています。

自分の都合だけを言って断ることも多いですが、”Unfortunately I already have plans. But have a great time at the party!” のように、ほんの少し言葉を足すだけで全く印象が変わりますよね。

もちろん、毎回毎回この通りにする必要はありませんが、普段からちょっと意識しておくといいと思いますよ。

こちらのコラムも合わせてどうぞ!

日本語には「遠慮しておきます」という断りの文句がありますが、それを英語でも覚えておくとサラッと断ることができますよね!

また、あまり好きではないことに誘われた時や、嫌いなものが出された時に、相手に失礼のないように丁寧に断るフレーズはこちらからどうぞ↓



スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS