「紅葉を見に行く」って英語でなんて言う?

スポンサーリンク

だんだん秋が深まってくると、紅葉の季節がやって来ますよね。

皆さんの中にも毎年紅葉を楽しみにしている、という方はいませんか?

私も日本にいた時には京都に紅葉狩りに行ったり、ニュージーランドに住むようになってからも秋に一時帰国するたびに紅葉を見に行ってます。

それぐらいキレイな紅葉。海外の友達にも、その美しさを伝えたくなりますよね。そこで今日は「紅葉」のことを話す時に役立つ単語やフレーズを紹介したいと思います。

「紅葉」を英語で言うと?

「紅葉(こうよう)」って英語でなんて言うんだろう?と思ったことがあるのは私だけではないと思います。

一見ちょっと難しそうですが、実はそんなに難しくありません。英語の「紅葉」はこんな風に表されるんです。

  • autumn colours/colors
  • autumn leaves
  • autumn foliage

最後の “foliage” は「紅葉」を表すとき以外、日常生活で見かけることはまずありませんが「(1本または多くの木全体の)葉っぱ」という意味になります。

「紅葉」を1語で表せる単語があるわけではないんですね。「秋の色」「秋の葉っぱ」で「紅葉」なら、すぐに覚えられそうです。

Pink Autumn

スポンサーリンク

「でも、秋って “fall” じゃないの?」と思った方もいるかもしれませんが、”fall” はアメリカ英語でよく使われ、”autumn” はイギリス英語でよく使われるという違いだけなので、”fall” で置き換えても意味は同じです。

「紅葉する」は英語で?

では「紅葉する」は英語でどうやって表すのでしょうか?

実は、これも「紅葉する」という意味の特別な単語はなくて、見たままをある単語を使って英語にすればいいだけなんです。

その単語とは “turn” です。「〜になる、変わる」という意味がありましたよね。これを使ったら「紅葉する」は簡単に言えます。

葉っぱが赤くなる「紅葉」は “Trees/Leaves turn red (in the autumn)” でOK。
ニュージーランドにも紅葉で有名なセントラルオタゴという地方があるのですが、そこは「黄葉」がなんです。なので、”turn yellow” がよく使われています。

Gold rush. Otago.

「紅葉を見に行く」は英語で?

また「紅葉を見に行く」という表現も覚えておくと、これからのシーズンで大活躍しそうですね!

紅葉を「見る」はシンプルに “see” で表せます。

なので「先週末は京都に紅葉を見に行った」は “I went to Kyoto to see the autumn foliage last weekend” となります。

あるいは、日本語の「紅葉狩り」にピッタリの “go leaf-peeping” という表現もあるので “I went leaf peeping in Kyoto” とも言えますよ。

“peep” とは「こっそりサッと覗き見る」みたいな意味なのですが、別にこっそり見なくても “leaf peeping” と言って大丈夫なので、心配ありません(笑)

「キレイ!」にもひと工夫

「紅葉がキレイ!」を表現する時には、ついつい “beautiful” ばかり使ってしまいがちですよね。

たまにはちょっと違う表現も使ってみたいな…という時には “stunning”、”fantastic”、”incredible” や、そして以前このサイトでも紹介した “gorgeous“、”pretty” なんかもゼヒ使ってみてくださいね!

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS