“opposite” よりナチュラルな「反対」「逆」

スポンサーリンク

突然ですが、ハワイで車を運転したことはありますか?

ハワイではなくてもアメリカ、カナダ、ドイツ、イタリア、フランスといった観光地でレンタカーを借りて旅行したことがあるという方はいるかもしれません。

では、これらの国の共通点は何でしょうか?

正解は、車が右側通行ということ。左側通行の日本とは「反対」ですよね。今日はこの「反対」「逆」を表す、シンプルかつナチュラルな表現のお話です。

「反対の」を表す “opposite”

まずは「日本では車は左側通行です」を英語にしてみましょう。

これは、”We drive on the left hand side of the road in Japan” のように表せると思います。もっと短く “We drive on the left” でも通じます。

では「ハワイでは反対側(=右側)を運転します」を英語にしたらどうなるでしょうか?

“They drive on the right hand side of the road in Hawaii” とも言えますが、敢えて「反対の」という表現を使ってみましょう。

「逆の」「反対の」は英語で?と言われると、”opposite” と答える人も多いと思います。なので “They drive on the opposite side of the road” と思った方もいるかもしれませんね。

スポンサーリンク

でも、こんな時には “opposite” ではない表現がとってもよく使われるんです。

「反対の」「逆の」を表す “the other 〜”

“the opposite side” ではない、よく使われる表現とは “the other side” です。

the other” で「(2つあるうちの)もう一方の」という意味になるので、この場合 “the other side” は「もう一方のside=右側」となります。

「ハワイでは反対側を運転します」は “They drive on the other side of the road in Hawaii” の方が “opposite” を使うよりも私には耳馴染みがいいです。
と言うのも、会話で “the opposite side” というのはあまり耳にしないからです。その代わりに “the other side” はめちゃくちゃよく使われています。

例えば「手を出して」と言われて右手を出したとします。次に「反対の手を出して」と言われるとしたら “the other hand” が一番ナチュラルです。

また、道案内の時に言う「それは駅の反対側だよ」なども “It’s on the other side of the railway station” となります。

Tokyo Station Magichour

これも覚えておきたい「反対に」「逆に」

向きが「反対」「逆」も日常生活で地味〜によく使います。

例えば、私がよく言われたのはこんなシチュエーションです。
レストランやお店でカードで会計をする時、機械にシュッとカードを通す時に磁気の面をどっちにしたらいいのかよく分からず、逆向きにしてしまうことが結構ありました。そうするとお店の人が「逆だよ」と言ってくれるんです。

そんな時に使われるフレーズはいつも決まって、”The other way round” でした。

“the other way round” もしくは “the other way around” で、

in the opposite position or direction.

という意味になります。場合によっては「裏返し」という訳がピッタリきますね。

また、これは物理的な「逆」「反対」だけではなくて、シチュエーションに対しても使うことができるんです。

冒頭の話に戻ると「日本では車は左側通行だけど、ハワイは逆だね」も “We drive on the left, not right. But it’s the other way round in Hawaii” となります。

“the other” は使える

「反対」「逆」「裏側」など、”the other 〜” はいろんな訳ができますが、どれも “the other” の「2つあるうちのそっちじゃない方、もう一方」というイメージができていたらすぐに理解できると思います。

「反対の」「逆の」に “opposite” ばかり使っていたという方は、”the other 〜” はわりと基本的な表現なので、ぜひ覚えて使ってみてくださいね。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS