「外国人」って英語で何て言う?

スポンサーリンク

私がニュージーランドに来てから何となくずっと思っていたことで、先日、ニュージーランド人のご近所さんと話をしていたときに思い出したことがあったので、そのことを書いてみようと思います。

今回のコラムは、タイトルどおり「外国人」についてです。

私はニュージーランドに住んでいるので、ニュージーランド人にとって私は外国人です。「外国人」は英語で “foreigner” ですよね。でも私はニュージーランドで “foreigner” と呼ばれたことは一度もありません。

「外人」って失礼?

私は以前、日本人ではない人を「外人」と呼ぶのは失礼だと聞いたことがありました。「ガイジン」は失礼だと感覚的に分かっていても、それでも「外人さん」や「外国の人」という言葉は使っていました。

他の国ではどうか分かりませんが、ニュージーランドで生活をしていると “foreigner” という言葉自体、見たり聞いたりすることはほとんどありません。移民が多い国ということもあるでしょうが、誰も “foreigner” という言葉を使わないんです。

では “foreigner” ってそもそもどういう意味なんでしょうか?英英辞書で調べてみました。

a person born in or coming from a country other than one’s own. 《informal》a person not belonging to a particular place or group; a stranger or outsider.

「その国以外の国の出身者」ということは日本語での「外国の人」という意味と同じですよね。でも、ひっかかるのは「部外者、よそ者」というニュアンスも含んでいるわけです。

となると「外国の人」も「ガイジン」と大して変わらず、他の国出身の人にとっては「部外者」というニュアンスに聞こえていて失礼なんじゃないか?とふと思ったんです。誰だって『よそ者』 と呼ばれたらいい気がしませんよね。

じゃ、英語で「外国の人」って何て言うんだろう

先日、近所のニュージーランド人夫婦と話をしていた時に、彼らが話の中で誰かのことを『彼女は◯◯出身で・・・』と表現していたんです。その時に私は「あ、やっぱり “foreigner” って言わないんだな」と再確認しました。

スポンサーリンク

この人たちだけがそうなのではなく、会話の中で外国出身の人や知り合い、友達のことが話題になっても、誰もその人を “foreigner” という形容はしません。

ニュージーランド生まれではないことを表現する場合は “He is a foreigner.” とは言わずに “He is Chinese.” とか “She is from Australia.” と必ず「どこの国出身」という表現をするんです。

国が分からない場合も “immigrant” や “from another country” という言い方をしたりして、親しくない人に対しても “He’s a foreigner” と表現することはまずありません。

海外からの留学生も、日本なら「外国人留学生」と呼びますが、英語では “international students” が一般的です。「外国人旅行者」は “international tourists / visitors” とも言いますが、特別に「外国人」と付ける必要がない場合は単に “tourist” です。

外国で暮らす日本人って外国人扱いされる?

皆さん、日本で海外の人に話しかけられたら、どうしますか?英語で返さないと・・・と変にドキドキしたりして海外の人に対して敏感ではないでしょうか。口に出して「外人さん」とは言わなくても、接する態度が変わる、ということは少なからずあると思います。

RY1_7636

私は日本人なので、ニュージーランドでは見た目から思いっきり外国人です。

これはあくまで、ニュージーランドで私が住んでみた感想なのですが、いい意味でそもそも「外国人だから何?」という感じがあります。

見た目がアジア人だからゆっくりの英語で話しかけてくるなんてことはまずありませんし、会話の最初に「英語話せる?」と聞かれることもありません。

あまりにも普通に接してくるので、ニュージーランドに来た当初は『外国人なんだからちょっとぐらいゆっくり話してくれたらいいのに』と思ったほどでした。

「外国人 = foreigner」ではない

日本では「外人という呼び方は失礼」とは言いながらも「外国人の割に日本語がうまい」「外国人の割に箸の使い方が上手」といった、心の中に「あの人は日本人ではない」という無意識の壁があるような気がします。

私が感じるニュージーランドの社会は、ニュージーランド人ではないのが重要なのではなく、その人個人がどういう人かが重要なので、特別なことがない限りわざわざ国籍を言うこともありませんし、「ニュージーランド人ではない」と表す場合にも “foreigner” とは言わずに出身地・国籍で表します。

この違いはそれぞれの国の成り立ちや歴史といったところが大きいとは思いますが、海外からの人を「外人 = foreigner」と呼ぶのにはやはり違和感を覚えます。

意図的ではないにしても、”foreigner” は「よそ者」というニュアンスを含んでしまうことがあります。一括りに「外国人」ではなく、出身を特に言う必要があれば “He’s from New Zealand” などとするのがいいのではないでしょうか。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS