“would you like” ネイティブは実際にこう使う

スポンサーリンク

“Would you like 〜?” ってどんな表現ですか?と聞かれると「丁寧な表現」と答える人が多いと思います。

“Do you want (to) 〜?” よりも “Would you like (to) 〜?” のほうが丁寧な表現だと教わりましたよね。

でも、こんな疑問を感じたことはありませんか?
どれぐらい丁寧で、どんなシチュエーションで使えばいいんだろう、と。

今日は、私が実際にニュージーランドで生活をして感じた “would you like 〜?” の使い方について書いてみたいと思います。

“Would you like 〜?” ってどんな意味?

オックスフォード現代英英辞典には、こんなふうに書かれています。

used in polite offers or invitations

  • Would you like a sandwich?

“would you like 〜?” が丁寧な言い方であるのは間違いないようです。

でも「丁寧な」というと、どこか特別な感じがしてしまうかもしれませんが、”would you like 〜?” は全然特別な表現ではありません。むしろ、私は日常生活の中でこそめちゃくちゃよく使われていると思います。

フレンドリーな接客のカフェでも注文を取る時に “What would you like?” は普通に使われているし、スーパーで「レジ袋いりますか?」と聞かれる時にも “Would you like a bag?” が一番よく耳にすると思います。

以前に“Shall I 〜 ?” は使わない?というコラムでも紹介しましたが、誰かに「私が〜しようか?」と申し出る時には “Would you like me to 〜?” もよく使われています。

スポンサーリンク

なので、外の世界に出た時(よく知らない相手に質問する時)には、

  • Would you like 〜?(〜は要りますか?)
  • What would you like?(何が欲しいですか?)
  • Would you like to 〜?(〜したいですか?)
  • Would you like me to 〜?(私が〜しましょうか?)

が使われるのが基本と考えていいと思います。

家族・友人にも使う “Would you like 〜?”

以前、私がニュージーランド人の友達の家に遊びに行って驚いたことがあります。

それは、旦那さんが奥さんに「お茶いる?」と聞く時に “Would you like 〜?” を使って “Would you like a cup of tea, Susie?” と聞いていたことです。

“Would you like 〜?” がけっこう丁寧な表現だと思っていた私は「え? “Would you like 〜?” って家族にも使うの?」と、とてもビックリした記憶があります。

そして、その友人は私にも「何飲む?」と聞いてくれたのですが、それもやっぱり “What would you like to drink, Yoko?” でした。

“Tea, please” と答えたら、返ってきたのは “What would you like? Camomile? Earl Grey? or English breakfast?(何がいい?カモミール?アールグレイ?普通の紅茶?)” でした。

友達なのでもっとカジュアルな表現でも良さそうですが、若者言葉ではない大人の会話では友達にも “would you like 〜?” を普通に使っているのを耳にします。

red tea

子どもに “Would you like 〜?” は当たり前?

そして、私がもっと驚いた “Would you like 〜?” の使い方があります。

それは、親が小さい子どもに対して “Would you like 〜?” を使うことです。ちょっとビックリじゃないですか?

娘が生まれてから、娘と誕生日が近い子のママさん達とおしゃべりしたりお茶したりすることがあるのですが、その中で分かったのが、この “Would you like 〜?” の使い方でした。

先日も友人は子ども(1歳)に対して “What would you like to eat? Would you like a banana or sandwich?” と話しかけていました。

“Would you like 〜?” は「〜はいかがですか?」と訳されたりもしますが、この場面ではその訳は変ですよね。でも、親は丁寧な言葉遣いを教えるためにも、子どもに対して “would you like” を使います。

“Would you like 〜?” は丁寧表現

話す相手によって尊敬語や謙譲語を使い分ける日本人にとって、丁寧な表現というと、目上の人に使うものと無意識のうちに感じてしまうかもしれません。

でも、英語の丁寧な表現というのはそれとは違って、本当に【丁寧な表現】なんだと実感したのが “Would you like 〜?” の使い方でした。相手を選んで使うのではなく、自分の言いたいことを丁寧に表現するということにポイントがあるんです。

今回紹介した “would like” の使い方はイギリス英語の影響が強いかもしれませんが、丁寧な表現を選んで失敗することはありません。

「相手が年下なのに “Would you like 〜?” って変かな?」「自分がお客さんなのに店員さんに “I would like〜” って言うのは変かな?」と思わずに、自信を持って使ってくださいね。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS