英語っぽいのに通じない単語たち5 ピーマン編|英語コラム050

スポンサーリンク

第3回の食べ物編で紹介してもよかったのですが、今回はピーマンだけを取りあげるという不思議な回になりました(笑)

それにはちょっとした理由がありまして、このコラムの「辞書にも載ってない?KIWI英語シリーズ」では、ニュージーランド独特の言い回しやスラングなどを紹介しています。

今回の主役、ピーマンは「英語っぽいのに通じない単語」でありながら「ニュージーランドではちょっと違った名前」で呼ばれているんです。

たまたまスーパーで見つけたチラシ

このコラムでピーマンのことを紹介しようかと、考えていたちょうどその頃、たまたまスーパーの入り口でこんなものを見つけました↓

Capsicums
© nzlife.net

旬の食材をテーマにした、ちょっとしたチラシと言うよりはプリントに近い、栄養価やレシピなどが書いてある紙です。日本のスーパーにもありますよね。

ちょうどピーマンのことが書いてあったので家に持ち帰って読んでみると、なかなか面白いことが書いてありました。

ピーマンって英語で何て言う?

ピーマン、ピーマンとこれまで書いてきましたが、ピーマンは日本語です。

カタカナなので英語っぽいですが、惑わされてはいけません。
英語だと勘違いして “peeman” と英語っぽく英語圏の人に言ってみたら、クスッと笑われるかもしれません。それは・・・ “pee” は「おしっこ」という意味だからです。”pee man = おしっこする男の人” と、意図せずして恥ずかしいことになってしまいます。

スポンサーリンク

ピーマンは学校の英語の授業では “pepper” と習ったような気もしますが、ニュージーランドで日本のようなピーマンを見かけることはほとんどありません。

代わりに、日本で「パプリカ」と呼ばれるタイプの緑や赤・黄色の大きなピーマンが定番となっています。

パプリカは英語でも “paprika” で通じなくはないのですが、ニュージーランドでパプリカと呼ばれることは稀です。

では、何と呼ばれるんでしょうか?
その答えは、このスーパーで見つけたプリントに書いてありました!

Calling them capsicums make us a little different from the rest of the world.
(意訳:パプリカのことを “capsicum” と呼ぶニュージーランドは、世界でもちょっと変わっている)

ニュージーランドでは “capsicum” と呼ぶんです。

前の職場で働いていた時に、アメリカ人に「capsicumって何?」と聞かれたことが何度かありました。私は “capsicum” が英語だとすっかり思い込んでいたので、ネイティブに逆に質問されて驚いたのですが、アメリカでは違う呼び方をします。

では、アメリカでは何と呼ばれるんでしょうか?
その答えも、写真のチラシにちゃんと書いてありましたよ。

The Americans call capsicums Bell Peppers. The Australians simply refer to them both as capsicums and sweet peppers. In Europe they are sometimes known as paprika.
(意訳:アメリカ人はBell Pepperと呼び、オーストラリア人はcapsicumともsweet pepperとも言う。ヨーロッパではpaprikaと言われることもある)

なるほど。パプリカ一つをとっても、世界でいろんな呼び名があるんですね。
そして、その続きには

However New Zealanders seem happy to persist with calling them capsicums.
(意訳:にもかかわらず、ニュージーランド人は “capsicum” と呼ぶのが好きなようだ)

だそうです。個人的な意見ですが、この一文に「ユニークであることを誇りとする国民性」が見えてるなぁ、と思いました。

Capsicum の豆知識

話は逸れますが、このチラシには英語以外にも興味深いことが書いてありました。
それは、capsicumは栽培する上で温度管理が非常に難しい植物であること。実の大きさは温度でコントロールされること。ワインのブドウの木を育てるのと同じように、蔓を這わせたり、剪定したりと非常に高度な管理と技術が求められるようです。

そして私が一番驚いたのは、緑のパプリカと赤のパプリカは同じ種類で、緑のパプリカが熟しきったのが赤のパプリカだそうです。そして、黄色やオレンジ色のパプリカはまた別の種類なんだそうです。ご存知でしたか?

今回はスーパーで見つけたチラシにアイデアをもらって、ピーマンに関する英語を取りあげましたが、こんな風に身近にあるものから英語を学ぶこともできます。「実際に使われている英語にふれる」というのも英語学習の上でとっても大事ですね。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS