「無料の」「タダの」って英語でなんて言う?

スポンサーリンク

先日、娘のための薬をもらいに、薬局に処方箋を持って行った時のこと。

ニュージーランドでは13歳未満の子どもは、GP(General Practitioner)と呼ばれるかかりつけのお医者さんに診てもらうのも、薬代も基本タダなので、薬局のおばちゃんが「はい、無料だよ」と言いながら薬を渡してくれました。

「無料」を英語で表すとしたら、”free” が真っ先に思い浮かぶと思いますが、この時おばちゃんは “free” とは言わなかったんです。

では、何て言ったのでしょうか?
今日は、日常生活でよく使われるいろんな「無料の(無料で)」を紹介したいと思います!

“free” を使った「無料」

以前、『Freeにダマされるな!』というコラムで、”free 〜” と “〜 free” の違いを紹介しました。

最もよく知られた「無料の」を表す “free” は “It’s free(それはタダだよ)” や “free shipping(送料無料)”、”free wifi(無料のwifi)” のように使われますよね。

他にも、”for” をくっつけて “for free” にすると「無料で」という意味になります。
“They keep your luggage for free(荷物タダで預かってくれるよ)” という感じで使われます。

さらに、これと同じ意味で “free of charge” という表現もよく見かけるのですが、これは次の章で紹介しましょう。

Free

スポンサーリンク

“charge” を使った「無料」

“free of charge” の話が出てきましたね。実はこれ、”free” よりもよく使われるのでは、というぐらいとってもよく使われています。

“charge” という単語は耳にしたことがある方も多いと思いますが、動詞で「請求する」、名詞では「(商品やサービスに対する)料金」という意味があります。

なので “free of charge” は「料金なしの(で)=無料の(で)」となります。
上の例文を登場させると、”They keep your luggage free of charge” とも言えるんですね。

“for free” と “free of charge” がごちゃ混ぜになって “for free of charge” と言ってしまう人がいますが、これは正しくないので注意してくださいね。
また、”free of charge” は “FOC” と略して書かれることもあります。

他には、”(at) no charge” もよく使われる「無料(で)」なんです。そして、これが薬局のおばちゃんが使っていたフレーズで、”No charge” と言いながら薬を渡してくれました。

“charge” を使ったフレーズを覚えていると便利なのは、「追加料金」にまつわる表現も、ちょっとしたアレンジで言えてしまうからなんです。

“at no charge” と “without charge” は「無料で」、”at no extra charge” が「追加料金なしで」、”with a little extra charge” は「ほんの少しの追加料金で」となります。

“complimentary” を使った「無料」

これは私がニュージーランドに来てから初めて知った単語なのですが、”complimentary” も「無料の」を表すときによく出てくる単語です。意味は、

given or supplied free of charge(出典:オックスフォード新英英辞典

で、普通はお金を出して買うようなものがタダで提供される「無料の〜」「サービスの〜」を表すときに使います。

bottle wine vino vine

例えば、記念日に予約したレストランがサービスで出してくれた無料のボトルワインは “a complimentary bottle of wine” で、ホテルの部屋にサービスで置いてある無料の紅茶やコーヒーは “complimentary tea/coffee”、映画などの招待券・タダ券は “a complimentary ticket” となります。

こんな言い方もある

今回紹介したのは「無料の(で)」を表す単語・フレーズでしたが、これらを使わなくても実は「タダで」が言えてしまうこともあるんです。

例えば「それ、タダであげるよ」は “I’ll give it to you for free” と言えますが、”give” にはもともと「無償で与える=あげる」という意味があるので、”I’ll give it to you” だけでも「タダであげるよ」という意味になります。

さらに、”You can have it” も「それ、タダであげるよ」と言う場面で使われるので、覚えておくと友達との会話などで役に立つかもしれませんよ。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS