“Thank you”と言われたらなんて返しますか?

カタカナ英語とはイメージが違う単語 “company”
「知り合いになる」に “become” は使わない?
「洗濯する」「洗濯物」って英語でなんて言う?

スポンサーリンク

以前に「ワンランク上のThank youの使い方」というコラムを書きましたが、英語は本当に “Thank you” という言葉をよく使います。

単に “Thank you” と言うこともありますし、相手が自分にしてくれた行為に対して具体的に感謝を述べる “Thank you for 〜” もとてもよく使われます。

それだけ “Thank you” がよく使われるということは、相手から言われる機会も多くなるということですね。

みなさんは “Thank you” と言われた時、何と言って返していますか?

「どういたしまして」?

中学校の英語の授業では「”Thank you” と言われたら “You are welcome” と返しましょう」と習いませんでしたか?

そして、この “You are welcome” は「どういたしまして」という意味だと教わりました。

でも、日本語で「ありがとう」と言われた時に毎回毎回「どういたしまして」と返すわけではないですよね。他にも「いえ」「いえいえ」「いいえ」とか「こちらこそ」と言うことも多いです。

英語でも同じです。”You are welcome” だけじゃありません。

他にもある “Thank you” の返し方

思いついたものをササッと挙げてみると、

  • No problem.
  • No worries.
  • Not at all.
  • That’s ok./all right.
  • You bet.
  • Sure.
  • Don’t worry about it.
  • Don’t mention it.
  • (It’s) my pleasure.
  • Anytime.

「問題ないよ」「全然気にしないで」「どういたしまして」「いつでもどうぞ」と、色んなフレーズがありますが、ニュージーランドで私がよく耳にするのはダントツで “No worries” です。

スポンサーリンク

“Thank you” に対してカジュアルに返すフレーズなのですが、お店の人がお客さんに対しても使ったりするので、日々の生活で結構な確率で耳にします。(高級レストランでは使われないと思いますが・・・)

ちょっと変化球な “Thank you” の返し方

“Thank you!” と言われたら「いやいや、こちらこそありがとう!!」と言いたい場面ってないですか?

そんな時は “Thank YOU!” という返し方もあります。
後ろの “you” を強く言って「Thank you = あなたに感謝します」の「あなた」を強調することで、 相手に感謝の気持ちを表すことができるので、私はこのフレーズが結構好きです。

Thank You

ネイティブは “You are welcome” を使わない?

私が日本にいた時「”You are welcome”と返すと、ちょっと上から目線になるからイヤミに聞こえる」と聞いたことがあります。なので、私もそれを信じて一時期あまり使わないようにしていたことがありました。

勝手な想像なんですが、これは “You are welcome” の訳が「どういたしまして」となっているからではないかと思うんです。日本語では「どういたしまして」を言う時はちょっと上から目線が入っている雰囲気がありませんか?

でも、私の周りのネイティブは普通に “You are welcome” も使います。

カフェでコーヒーを運んできてくれたので “Thank you” と言うと “You are welcome”。
道に迷って、その辺の人に道を聞いて “Thank you” と言った時も “You are welcome” と言われることがあります。「◯◯してあげたぜ」なんていう上から目線で言っている雰囲気はゼロです。

ちょっとアレンジを加えたもので “You’re very welcome” や “You’re most welcome” と返ってくることもあります。

なので、私はそれ以来 “You are welcome” も使うことにしました。まぁ、この辺は諸説あるかもしれないので、個人的な意見です。

どうやって使い分ける?

率直に言うと、コレという定義はないように思います。

強いて言うなら、”My pleasure” と “Anytime” を使う場合には少し気をつけるといいかもしれません。

“My pleasure” は直訳すると「私のよろこびです」なので、ほんのちょっとしたことや何でもないことに対する “Thank you” や “Thanks” に使うと不思議な感じになってしまいます。

例えば、道をゆずってあげて “Thank you” と言われた時に “My pleasure” はしっくりきませんが、カフェで美味しいコーヒーを淹れてくれたバリスタさんに “Thank you” と言って “My pleasure” と返されるのはピッタリくるカンジです。

また、”Anytime” は「いつでもどうぞ」なので、もう二度と会わない他人に使ったらちょっと不思議なことになります。

でも、他の返し方はそれほど神経質に「この場面ではどれを使ったらいいんだろう?」と悩まなくても大丈夫です。

“Thank you” と言われたら必ず返そう

どんな場面でどの返し方が最適なのか、なんていちいち考えてたら “Thank you!” と言ってくれた相手は立ち去ってしまいます。それこそ本末転倒ですよね。

“Thank you” と言われたら “You are welcome” でも何でもいいから返す → 慣れてきたら違うパターンも入れてみる、でいいと思います。返すことが重要なんです。お礼に対して無言でいるのが失礼なのは日本語でも一緒ですよね。

そして、自分からも積極的に “Thank you” を使ってみましょう!そうすると、相手がどうやって返してくるのかも観察できますよ。

きっとそれが上達の一番の近道になると思います!

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS