相手が言っていることが聞き取れなかったら 2

カタカナ英語とはイメージが違う単語 “restaurant”
“I think” をもっとカジュアルに
「歩きスマホ」「ながらスマホ」って英語でなんて言う?

スポンサーリンク

前回のコラムは、英語の会話の途中で聞き取れなかった場合に、何と言って聞き返せばいいかという話でした。(前回のコラムはこちら

いただいたコメントの中に「ニュージーランド人は “Pardon?” を好んで使って、アメリカ人がよく使う “Sorry?” はそれほど使わない」とありました。確かに、私も個人的な感覚から言うとニュージーランドでは “Pardon?” を使う人がかなり多いと思います。

初対面の人にも年上の人にも使えるので、一番無難な聞き方かもしれませんね。

今回は「聞き返しても聞き取れなかった時、相手をうんざりさせずにもう一度聞き返す方法」を紹介します。

“Pardon?” をやめてみる

では、何と聞けばいいのでしょうか?

そもそも “Pardon?” や “Sorry?” は「もう一度言ってもらえますか?」という意味になります。

そうすると相手は「あー、もう一回同じコト言わないといけないの?」という気持ちになるかもしれません。何度も聞き返すのは気がひける・・・と感じるのはこのせいですよね?

なので、全文を言ってもらわなくていいようにすればいいんです。

聞き取れた部分はどこ?

全部が全部まったく聞き取れないということは、そんなに無いはずです。
何かが聞き取れた時は、聞き取れなかったところだけ聞き返せばいいんです。

例えば、相手が “I went to ◯◯ restaurant with Catherine last week and we ate frog legs!” と言っているとして話を進めてみましょう。

スポンサーリンク

2169864455_07dde48d9f_z
© nasaman007

聞き取れなかったところだけを聞き返す、というのはこんなカンジです↓

“I” だけ聞き取れて、他が分からなかった場合
→ “You did what?”

“I went to” が聞き取れて、その後が分からなかった場合
→ “You went where?”

誰と行ったか聞き取れなかった場合
→ “(You went) with who?”

いつ行ったのか聞き取れなかった場合
→ “You went when?”

何を食べたか聞き取れなかった場合
→ “You ate what?”

という風に、どこが分からなかったかをピンポイントで質問することで、相手も “Pardon?” と何度も言われて同じことを何回も繰り返すよりも会話がスムーズに運びます。

名前が聞き取れない・・・

これ、本当にしょっちゅうです!

日本人にとって外国人の名前ほどやっかいなものはありません。外国ではわりとよくある名前だって、ササッと早口で言われたらもうダメです。

でも、そんな時もちゃんと聞き返しましょう。以前にもコラムで紹介した通り、英語では “Thank you, John.” や “Hi, Kat!” のように、相手の名前を入れるのが基本なので、一回目を逃したら後はどんどん聞きづらくなるばかり・・・

聞いても分からない場合は、スペルを聞いてもいいかもしれません。
その場合は “Could you spell your name?” で大丈夫です。
相手は名前を覚えようとしてくれている、と好感をもってくれるでしょう。

逆の場合もあります。外国の人にとっては日本人の名前もやっかいなんです。
名前を聞かれて答えると、大抵の場合は “How do you spell that?” などと聞かれますので、聞くということは決して恥ずかしいことではないのです。

今日から早速試してみてください!会話がきっと楽しくなりますよ。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS