「お水で結構です」って英語でなんて言う?

スポンサーリンク

海外でレストランに行った時に、ウェイトレスさんに「お飲み物はいかがですか?」と聞かれて、特に頼みたくなかったけど注文してしまった…という経験はありませんか?

たった一言「お水で結構です」と言えばいいのですが、焦ってしまったり、何か注文しなくちゃと思ってしまうこともあると思います。

そこで今日は、そんな時のためにぜひ覚えておきたい、私がよく耳にする「お水で結構です」の表現を紹介します!

“fine” を使った「水で結構です」

レストランで、席に案内されてメニューを受け取ると、いきなり「お飲み物はいかがですか?」と聞かれることもあります。

  • Can I get you anything to drink?
  • Would you like anything to drink?
  • What would you like to drink?

などなど、表現は色々ありますが、まずは先日紹介した “No, thank you” を使わずに「結構です」を英語でというコラムにも出てきた “fine” を使ってみましょう。

“I’m fine” で「結構です」「大丈夫です」という意味になるんでしたよね。なので、まずはこんなふうに言えると思います。

I’m fine with water, thank you.

まさに「お水で結構です」そのままですね。あるいは「水」を主語にすることもできます。

Water is fine for now, thanks.

この “fine” は “satisfactory” という意味なので「水は申し分がない」といったニュアンスになります。
また、”for now” は「(後で注文するかもしれないけど、)今のところは◯◯です」を表せる便利フレーズなので、覚えておくとけっこう役に立ちますよ!

スポンサーリンク

“happy” を使った「水で結構です」

もしかしたら私だけかもしれませんが「水で結構です」と言う時って、何となく「注文しなくて申し訳ない…」という気持ちがどこかにありませんか?

でも、私がウェイトレスをしていた時に「あ、この言い方いいな!」と思った「水で結構です(水でいいです)」は、ちょっとだけポジティブな響きがします。それは、

I’m happy with water.

です。
これも以前コラムで紹介しましたが、この “happy” は「幸せな」という大それた意味ではなく「満足な」というニュアンスで使われています。

なので、”I’m happy with water” も「水で幸せです」ではなく「水で満足してます=水で大丈夫です」となります。

Half what?

“stick” を使った「水で結構です」

“stick” という単語を耳にしたことはありますか?
「スティック状」なんて言うように「棒」という意味でよく知られていますよね。でも、”stick” には動詞の意味もあって、それを使った、

I’ll stick with water.

も「水で結構です」を表す時によく使われる表現なんです。
“stick” には「刺す」とか「くっつく」という意味がありますが、”stick with 〜” になると、

to continue with something or continue doing something(出典:オックスフォード現代英英辞典)

という意味になります。”I’ll stick with water” は直訳すると「水を続ける」ということになりますが、もうちょっと日本語っぽくすると「このまま水でいいです」なんかがしっくりきますね。

なので、”I’ll stick with water” は、すでにお水を出されていて「お飲み物はいかがですか?」と聞かれた時に「水でいいです」と答えるフレーズなんです。

水の種類もいろいろ

私は、ヨーロッパを初めて旅行した時にレストランで水が有料だったことに衝撃を受けました…

そんなレストランの水事情は国によって違うと思いますが、ニュージーランドでは有料のお水はボトルに入っているので “bottled water” と区別して呼ぶことが多いです。ガス入りのものは “sparkling water” とも言います。

反対に、無料の水道水は “tap water” ですが、ほとんどのカフェやレストランでは “water” だけで無料の水だと思ってもらえます。

ただ、高級レストランでは “bottled water” と勘違いされることもあるので、そんな時は “Just tap water, please” と言えばOKです!

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS