簡単!話のキッカケ3つの方法

FYI、LMK、IDK に DOB。英語の略語いろいろ
ワンランク上のThank youの使い方
“most” と “almost”、どうやって使い分ける?

スポンサーリンク

読者のみなさんの中には英会話スクールのようなところで英会話を習っている方もいらっしゃると思います。

英会話スクールだけでなく、海外の方と軽い挨拶がてらに話をする時などでも “How are you?” から話が前に進まない、と話題に困ったことはありませんか?

今日は、そんなお悩みを一気に解決しちゃいます!

解決法1:基本中のキホン、お天気の話。

どんな相手にでも使えて、一番簡単なトピックはお天気の話だと思います。

特別に気のきいたことを言わなくても、寒い日だったら「今日は寒いね」とか「部屋の中は暖かいね」など簡単な文章でいいんです。

・・・たった一つのポイントを外さなければ。

単に “It’s cold today” でも伝わらなくはないですが、このシチュエーションを日本語でイメージしてみましょう。

「今日は寒いです」と言われるのと「今日は寒いねー」と言われるのだと、後者のほうが会話が進みそうな気がしませんか?

英語も同じです。相手に会話のボールを投げるようなイメージで感情を込めて、”It’s sooo cold!” と言ってみたり、”Cold today, isn’t it?” と言ってみれば、相手も「最近寒いよね!こないだの大雪で素っ転んじゃって…」などと、そこから話を広げてくれるかもしれません。

解決法2:相手の情報を引き出してみる

ただ、毎回毎回お天気の話だけだとワンパターンになってしまうかもしれません。「じゃ、他に何を話そう・・・」と心配しなくても大丈夫です!

スポンサーリンク

相手は目の前にいるわけなので、そこから糸口を見つけてみましょう。
相手の引き出しをひとつ開けてみます。

Screw Bits
© Basheer Tome

例えば、週明けに会った場合は「週末はどうしてたの?」とか、午後に会う人なら「今日はどう?忙しい?」とか聞いてみましょう。簡単なことでいいんです。

そうすると「ここ最近とっても忙しくってね」などと、何かしら返してくれるはずなので、その話題でこちらに会話のキャッチボールが返ってきたら自分のことを話したらいいんです。

解決法3:効果絶大!褒めるパターン

コレ、本当に簡単です。

人を褒めることに慣れていないと、最初はちょっと違和感があるかもしれませんが、目の前の相手のことを何か一つ褒めてみましょう。

私は以前、灰色の生地にトトロの顔が描いてあるTシャツを着ている人に出会ったので、何気なく “I like your T-shirt” と言ってみたところ、本人お気に入りのデザインだったようで「いいでしょう!トトロ知ってる?」とすごい勢いで話しかけられたことがありました。

他には「そのネクタイ(tie)いいね!」など何でもいいんです。「実は彼女からもらったんだ」などとちょっと照れながら話してくれるかもしれません。

知らない人だからそんなこといきなり言って失礼じゃないかな、なんて心配しなくても大丈夫です。
誰だって褒められるとちょっと嬉しくないですか?

緊張を打ち破るきっかけは何だっていい

特に初めて会う人だったりすると、お互いちょっと緊張してしまって何を話していいのか分からない、というのはよくありますよね。

でもこれって、日本語でも一緒のはずなんです。それが英語になってしまうと、急に『英語』というのがのしかかってきて、何を話したらいいのか分からなくなってしまったりします。

最初からそんなに難しいことを話すほうが大変です。簡単な一言で始めてみましょう。今回紹介した3つの方法、ぜひ試してみてくださいね!

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS