「新入社員」「新人」って英語でなんて言う?

英語にもあった!「ドタキャン」の表現
“call” は「電話する」だけじゃない
自己紹介での意外な落とし穴

スポンサーリンク

新年度が始まって半月、新社会人の方もそうでない方も、新たな気持ちでスタートを切られたのではないでしょうか。

そこで今回のテーマは「新入社員」「新人」です。

「彼女は新入社員です」「新人なんです」「新しく入られた方ですか?」って、英語でサラッと言えますか?

「新入社員」「新人」を表す単語

日本では「新入社員」のことを「フレッシュマン」と言ったりしますよね。
でも、英語で “freshman” と言うと、大学(または高校)1年生のことを指すことが多いので要注意です。

それでは英語で「新入社員」はどう表すのかというと、シンプルにこんなふうに表せます。

new employee

“employee” とは「従業員」のことなので「新しい従業員」ということですね。
日本と違って、新卒や中途採用を区別して言うことはほとんどありません。転職する人も多く、中途入社が特別なことではないですしね。

また他には、

new staff member
new recruit

ということもできます。
さらに、具体的な職種で表すことも多いように感じます。

new sales assistant

みたいな感じですね。

スポンサーリンク

他には “newcomer” という単語もありますが、これは「最近になって引っ越してきた人」や「最近になって何かの活動に参加してきた人」という「新参者」というニュアンスになります。

こんなふうに「新入社員」や「新人」は名詞で表すこともできますが、実はもっとナチュラルな言い方があるんです。

“new” だけで十分表せる「新人」

“new employee” や “new staff member” のような “new+名詞” 以外にも、実は同じ “new” を使ったこんな言い方をとてもよく耳にします。

I’m new here.

これだけで「私は新人なんです」が表せてしまうんですね。”here” はこの場合「この会社、組織」といった感じになります。
なので、会社で新人っぽい人に「新しく入った方ですか?」と声をかけたい場合には、

Are you new (here)?

と言えばいいんですね。こう聞かれたら、”Yes, it’s my first day(はい、今日が初日なんですよ)” などと答えてもいいですね。

Businessman

直訳にこだわらなくてもいい

「新人」「新入社員」を忠実に英語に置き換えようとしなくても、こんな言い方もできると思います。

  • I’ve just started working here.
  • I’ve recently joined the team.
  • I only started last week.

会話は英語のテストではないので「新入社員」「新人」という名詞を知らなくても、それを文章でうまく伝えられれば問題ありません。

単語をたくさん知っているに越したことはないですが、知らなくても自分のもっているボキャブラリーを駆使して伝えることが会話を上達させるコツだと思います。

このことについては、こちらのコラムで詳しく紹介しているので、ぜひあわせて読んでみてくださいね↓

社会人の皆さんにオススメのコラム

私は新しいことにとても緊張するタイプなので、新入社員だった◯年前の今頃は毎日ものすごく緊張していた記憶があります。
でも、会社の人はとてもいい人ばかりで、友人や家族に「会社どう?」と聞かれた時は「いい人ばっかりだよ」と答えていた気がします。

そんな「いい人ばっかりだよ」は “Everyone has been great/so nice/friendly/welcoming/helpful” なんかで表せるので、こちらも使う機会があれば使ってみてくださいね。

会社・仕事で使う表現を紹介した以下のコラムも、お役に立てたら嬉しいです!






スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS