“speak” と “talk” の違い。赤ちゃんが「話す」はどっち?

“maybe” には要注意?
知っていると絶対に役立つ単語 “grab”
“how” は意外とややこしい

スポンサーリンク

“speak” と “talk”、どちらも「話す」を表すときに使う単語ですよね。

この2つ、どうやって使い分けていますか?
厳密に使い分けなくてもいい場面もありますが、実はどちらかのみが使われるという場面も多いんです。

そこで今回は、それぞれの単語が持つイメージをおさらいしてみたいと思います。

そしてコラムの最後には、赤ちゃんが言葉を「話し始める」には “speak” “talk” どっちを使う?というクイズを用意しているので、ぜひ最後まで読んでくださいね。

“speak” の基本のイメージ

まずは “speak” とはどんなイメージなのかを整理してみましょう。

Cambridge Dictionaryには一番最初にこんな定義が書いてあります。

to say words, to use the voice, or to have a conversation with someone

言葉を発する、声を使う、誰かと会話する、というのが大きなイメージのようです。

例えば、電話に出て「太郎ですが」という時に “Taro speaking” と言ったり、風邪で声が出なくなったら “I can’t speak” と表現します。

また、レストランで苦情を言う時の「マネージャーと話したいのですが」も “I’d like to speak to the manager” なんていうふうに言います。

スポンサーリンク

その他にも「彼は英語が話せる」のように、言語を「話す(話せる)」を表す時にも “He speaks English” のように “speak” を使います。

また、フォーマルな「演説する」や「スピーチする」に使われるのも “speak” です。

“talk” の基本のイメージ

それに対して “talk” はどうかというと、オックスフォード現代英英辞典にはこんなことが書いてあります。

You talk to somebody in order to be friendly or to ask their advice

例えば、友達と何時間も楽しくおしゃべりした場合には “We talked for hours” です。ここで “spoke” はほとんど登場しません。

また、こんなことも書いてあります。

to discuss something, usually something serious or important

ただの「おしゃべり」ではなく、大事なことについて話し合うといった意味もあるようです。

例えば、不満を抱えているカップルの一方がもう一方に “We need to talk” と言ったり、誰かにアドバイスをもらったり「相談する」にも “talk to 〜” というフレーズがよく使われます。

また、薬の服用に際しての「医師にご相談ください」も “Talk to your doctor” が定番の表現で、”Speak to your doctor” は私は聞いたことがありません。

Lego Men 5

“speak” と “talk”、違いは何?

「誰かと話す」という意味では区別をつけ難いこともあると思いますし、実際にはどちらも使われることもあります。

でも、こんなイメージを持っていれば、少しだけ使い分けしやすくなるかもしれません。

それは、”speak” は話し手が声を発する、口をきく、発言するといった、発信のイメージ。それに対して、”talk” は “discuss” という意味があることからも分かるように、相手に何かを伝えたり、意見をやりとりし合ったりというコミュニケーションのイメージです。

“speak” は聞き手を意識していない場合にも使われますが、”talk” はほとんどの場合、話し相手の存在が意識されています。

では、言葉を覚えて「赤ちゃんが話し始める」には “speak” と “talk” のどちらが使われるでしょうか?

赤ちゃんが「話す」は英語で?

赤ちゃんが言葉を覚えて「話し始める」には、多くの場合 “talk” が使われるんです。

実は私は、言葉を発するというイメージから “speak” だと思っていたのですが、周りのお母さんたちと話していると違うことに気付きました。

“She’s starting to talk” のように、”speak” ではなく “talk” が使われているんです。

いくつかの辞書を見ると載っていたのですが、赤ちゃんが言葉を「話し始める」のはコミュニケーションのために言葉を使うということなので、”talk” を使うようです。(ちなみに「赤ちゃん言葉」は英語で “baby talk” と言います)

今回紹介したのは基本的なイメージなので、全てがこの通りに当てはまるとは限りません。できるだけたくさんの英語にふれて、自分の感覚として身につけていくことが一番大切ですね。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS