「ちょっと顔を出すよ」って英語でなんて言う?

“I missed you” は「寂しかったよ」だけじゃない
英語で表す「以上」「以下」「未満」
“short” は「短い」だけじゃない

スポンサーリンク

飲み会やパーティーなどに誘われたけど、仕事や他の用事があって、参加できないかも…という場面を想像してみてください。

スケジュール的に完全に行けないこともあれば、なんとか顔だけ出すことはできる、ということもありますよね。

そんな「顔だけ出そうかな」とか「ちょっとみんなに挨拶だけしに行こうかな」って、英語でサラっと言えたらいいと思いませんか?

イギリス英語の定番 “pop” を使って

私がニュージーランドに来てから、めちゃくちゃよく耳にするなぁと感じる単語の一つに “pop” があります。

日本で英語を勉強していた時には全く使うことがなかった単語ですが、実は “pop” には、

to go somewhere quickly , suddenly or for a short time
(出典:オックスフォード現代英英辞典)

という意味があるので「ちょっと(立ち)寄る」も、この “pop” のニュアンスを上手に使えば「ちょっと顔だけ出そうかな」という微妙な表現が簡単にできてしまうんです。

“Are you coming to the party tomorrow?”
“I have plans but I’ll pop in afterwards”
「明日、パーティー来る?」
「予定があるんだけど、その後でちょっと顔出すよ」

みたいな感じで “pop in (to 〜)” で「(〜に)ちょっと寄る」を表します。”pop down (to 〜)” も「ちょっと(〜に)行く」と言うときによく使われます。

シンプルに “say hello” を使って

「顔を出す」の直訳ではないですが、”say hello” や “say hi” もよく使われます。

スポンサーリンク

“say hello/hi” とは、読んで字の通り「”hello/hi” と言う」なのですが、これで「挨拶をする」という意味になります。

“Say hi to John(ジョンによろしくね、よろしく言っておいてね)” みたいに使われることも多いのですが、「ちょこっと顔を出す」にも使えるんです。

「ちょっと顔だけ出していこうかな」と言う時って、そこに来ている人にちらっと会いに行くという意味が込められていますよね。挨拶をしに行く=ちょこっと寄っていくというニュアンスです。

集まりに到着して、”I just came to say hi” と言うと「ちょっと挨拶しに来ただけ、顔を出しに来ただけ」になるんですね。

people

“drop” を使って

次は、最初に紹介した “pop” に似ていますが「ちょっと(立ち)寄る」を表すのに “drop by” という表現もあります。”drop by” とは、

call informally and briefly as a visitor
(出典:オックスフォード新英英辞典

という意味ですが、ここでの “call” は「電話する」ではなく「立ち寄る」という意味で使われています。(この “call” について詳しくは以下のコラムも参考にしてみてください)

なので、”Can you drop by my office this afternoon?” で「ちょっと寄ってくれる?」「顔出してくれる?」になり、”I’ll drop by this afternoon” で「今日の午後、ちょっと顔出すよ」となります。

“drop in” でもいいですが、その場合は “drop in at my office” と、場所の前に “at” が入ることに注意です!

先ほど紹介した “say hello” と一緒に使って、”I’ll drop by to say hi(挨拶しに顔出すね)” のように言うことも多いので、こちらも覚えておくと役に立ちますよ。

覚えておくと結構使える

「ちょっと会いに行くね」と言いたいときに、いつも “come” や “go” ばかり使ってしまう、という方は今回紹介したものも是非使ってみてくださいね。

まずは自分が使いやすいと思うもの1つから始めてみるといいと思います。

慣れてきたら、徐々にバリエーションを増やしていくと表現力がアップしますよ!

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS