“How many fingers do you have?(指は何本?)”

「〜すればよかった」を英語で言えますか?
“go” の読み方は「ゴー」じゃなかった?!
“would you like” ネイティブは実際にこう使う

スポンサーリンク

今回は、ちょっとトリビア的な英語の「ゆび」にまつわるお話です。

日本語で「指は何本?」と聞かれたら、当たり前のように「20本」と答えますよね。

でも、”How many fingers do you have?” と英語で聞かれて “twenty” と答えると、めちゃくちゃビックリされるはずです。

あなたなら何と答えるか、少し考えてみてから読み進めてくださいね。

“finger” は10本?8本?

足の指は “finger” ではない、というのはご存知の方も多いかもしれません。

英語で「足の指」を何と呼ぶかは後ほど紹介するとして、足以外の「指」となると「手の指」なので、正解は ten(10本)でしょうか?

でも、eight(8本)と答えた人もいるかもしれませんね。それは、きっと “finger” のこんな定義を知っている人でしょう。

one of the four long thin parts that stick out from the hand
(オックスフォード現代英英辞典より)

通常、英語では「手の親指」は “finger” とは呼ばず、”thumb” という特別な名前で呼びます。
そして、他の4本の指には名前に全て “finger” がついています↓

  • 人差し指→ forefinger, index finger, the first finger
  • 中指→ middle finger
  • 薬指→ ring finger
  • 小指→ little finger, pinky/pinkie

なので、上の “finger” の定義の「手から突き出た4つの長細い部分」は親指以外の4本のことを指しています。そうすると、左右あわせて8本(=eight fingers)が正解!

スポンサーリンク

…と言いたいところですが、そうとは限らないんです。

“finger” は8本または10本

上の定義には、実は続きがあります。

(or five, if the thumb is included)

手の親指を含めたら5本。つまり左右で10本(=ten fingers)ということですね。

ちょっとややこしい話ですが、私のこれまでの経験で言えば、ネイティブが手の「親指」と言う時に “finger” と言っているのは聞いたことがありません。必ず “thumb” です。
でも、大きなくくりとしては “finger” の概念に含まれる、みたいな感覚なのではないかと思います。

例えて言うと、目の前にチリソース、トマトソース、ウスターソース、タルタルソース、マヨネーズがあるとして、マヨネーズは名前に「ソース」も付いてないし、通常「ソース」とは呼ばないけど、大きなくくりではソースに含まれる、みたいな感じかもしれません。

これは私の勝手な妄想なので、間違っているかもしれませんが…

ということで、”How many fingers do you have?” の答えは “eight” でも “ten” でも正解、ということですね。「手の指」の数だけ正解です。

Trust

「足の指」は英語で何て言う?

「足の指」は “foot finger” とかでも通じそうですが、実際はそうは言いません。

「足の指」は “toe” と呼びます。
そして、足の「親指」と「小指」は、こんなふうに呼ばれています↓

  • 親指→ big toe
  • 小指→ little toe

他の指はというと、親指の隣が “the second toe”、中指が “the third toe”、小指の隣が “the fourth toe” と、ちょっと雑なネーミングです(笑)

足の指1本が “toe” なので、全部で “10 toes” ということになります。
ただ、これがややこしいことに「つま先」になると “toe” なんですね。

I stubbed my toe on the edge of the table.
そのテーブルの角につま先をぶつけた

となります。想像しただけで痛いですね…

ちなみに、健康にいいとされる「5本指ソックス」は “toe socks” と呼ばれています。
さらに、つま先が二つに分かれた「足袋ソックス」は “flip-flop socks” という呼び方が主流です。

■”flip-flop” とは「ビーチサンダル」のことですが、ニュージーランドでは違う呼び方をします↓

20本の「指」を表せる単語

手と足の20本の「指」を “finger/thumb/toe” と区別せずに表現できる単語もあります。

それは “digit” です。
「アラビア数字の0から9」を表す、あの “digit” にはこんな意味もあったんですね。

つまり、手足にそれぞれ10本の指を持っている人は “20 digits” を持っていることになります。
ただ、これは解剖学用語のようで、私は日常生活で耳にしたことはありません。

まとめてみると…

ちょっと長くなってしまったので、ポイントをまとめてみましょう。
手足にそれぞれ10本の「指」を持っている人は、

  • I have 8 fingers and 2 thumbs(もしくは、I have 10 fingers)
  • I have 10 toes
  • I have 20 digits

ということになります。

日本語とは数え方がちょっと違うのでややこしいですが、”finger” と “thumb”、”toe” の区別はしっかり覚えておきたいですね。”thumb” の正しい発音(/θʌm/)も忘れずに!

■「体のパーツ」にまつわる英語表現は以下のコラムでも紹介しているので、ぜひあわせてご覧ください!↓





スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS