意外と間違えやすい「ここが好き」

職場で使える!「いる」「いない」を超簡単に表す方法
“I know イチロー” は仰天される?
コレは使える!!「無理しないでね」

スポンサーリンク

海外で生活をしたり、旅行で現地の人と仲良くなったりすると「ここ好き?」と聞かれることってありませんか?

日本でもそうだと思いますが、海外から来ている人とちょっと親しくなると、日本が好きかどうかや、日本の印象を聞いてみたくなりますよね。

私もニュージーランドで「ニュージーランド好き?」といった類いのことを、これまでによーく聞かれました。もちろん答えは「大好き!」なのですが、今日はそんな会話に出てくる、ちょっと間違えやすい表現のお話です。

フレンドリーな人が多いニュージーランド

私は以前、ニュージーランド南島の山奥の秘境で住み込みで働いていました。

そこには温泉施設があって、周りは原生林に囲まれ、自然保護区に指定されたとっても素晴らしい環境でした。

でも、悪く言えば「何もない所」です。コンビニどころか、お店は一つもありません。秘境も秘境です。

温泉に併設のカフェで働いていると「どこ出身なの?」「ここでどれぐらい働いてるの?」など、お話好きでフレンドリーなニュージーランドの人は興味津々に聞いてきます。

そして、ほとんど全員が「ここが好き?」と聞いてきます。
何もない山奥の秘境で娯楽はゼロだったので、そう聞いてくるのも無理はありません。

簡単な文章なはず・・・

「ここが好き」は、もちろん「その場所を気に入っているかどうか」を聞いてるわけです。

スポンサーリンク

この質問、英語にしたらどうなるでしょうか?”Do you like this place?” とも言えますが、

「あなた = you」「好き = like」「ここ = here」なので、

“Do you like here?”

私はずーっとこうだと思っていたんですが、実は違ったんです。

よーく耳をかっぽじって聞いてみる

ネイティブは “Do you like here?” とは言ってません
こんな簡単な質問なのに、正しい文章に気付くまで間違っいてた自分に衝撃でした。

では、正解は何なのでしょうか?みなさんも考えてみてくださいね。

Port Jervis Groups

正解は・・・”Do you like it here?” です。

“like” の後に必ず “it” が入るんです。ナゼなんでしょうか?

この “it” は何なのか

I like dogs.
I like playing tennis.
I like her.

「〜が好き」という “like” は、何が好きなのかという目的語が当然必要ですよね。

でも “here” は “Come here”、”I’m here”、”I work here” のように「ここへ・ここに・ここで」という副詞なので、”like” の目的語にはなれません。

日本語では “it” は訳さないんだし、無くても大丈夫じゃない?とい思ってしまいますが「この場所や環境が好き・気に入っている」という場合には目的語の “it” が無いとネイティブの耳には不自然に聞こえるようです。

例えばこんな例があります。

キャンプに行ってどこにテントを張るか決める時に、一人は水辺がいいと言い、もう一人は森の入口で「この場所がいい」と言うとしましょう。そんな時には “I like HERE” と言えなくもないようですが、この場合の “here” は名詞です。

この “I like here” は “I like it here” の意味とは違いますよね。

他にはこんなのもあります

同じように “love” を使うときも “I love it here!(ここが大好き)” となります。

“hate” はとっても強い言葉なので、あまり使いたくないですが、これも同じく “I hate it here” と “it” が必要になります。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS