ニュージーランド英語、どうやって勉強する?

“I think” をもっとカジュアルに
たった1本のDVDで英会話を上達させる方法
英英辞典アプリの選び方&おすすめアプリ【オックスフォード現代英英辞典】

スポンサーリンク

日本では、本当にたくさんの英語教材が売られています。でも、その多くはアメリカ英語のものです。

でも、ニュージーランド英語を学びたい人はどうしたらいいのでしょうか?

私は知らなかったのですが、TOEICのリスニング問題にはニュージーランド英語も出るそうです。

TOEICのためにニュージーランド英語を聞いてみたい人、留学に来るまでに日本で勉強したい人、ニュージーランドに来てからニュージーランド英語に苦労している人、今回のコラムはそんな「ニュージーランド英語に慣れたい人」必見です。

ニュージーランド英語って?

日本にいてニュージーランド英語に触れることってあるでしょうか?

私はニュージーランドに来る前に少しは英語の勉強をしてきたのですが、ニュージーランド英語を聞く練習を全くしていませんでした。そして案の定、ニュージーランドに来てしばらくは何も聞き取れず、かなり苦労しました。

まず、これはどこの英語圏に行っても言えることかもしれませんが、英語教材のCDに出てくるようなゆっくりしたスピードで話してくれません。

また、教材で使われるような完璧な文法で話しているとも限りません。

私の印象ではアメリカ人はゆっくりハッキリ話しますが、ニュージーランド人は、全員が全員ではありませんがとても早口です。しかも、口をしっかり開けないでモゴモゴ話す人も多く、Rの音もアメリカ英語のそれとは全然違います。

スポンサーリンク

なぜニュージーランド英語を勉強するのか

ニュージーランドなんてどうせ訛ってるんでしょ?とバカにされることも多々あります。
そして、残念なことに、本当に訛っているので反論できません(笑)

でも、アメリカ英語とかイギリス英語にこだわるのは日本人くらいで、海外に出るといろんな国の人たちがその国々の訛った英語で話をしています。

なので、英語が訛っているのは恥ずかしいことでは全然ありません。

むしろ「訛りが恥ずかしい」というのはその国はもちろん、住んでいる人達に対して失礼だと思います。それどころか英語がネイティブでない人の英語は「どこで英語を学んできたのか」「どこの国の人なのか」など、その人の背景を示すものなので自信を持って良いことだと思います。

ただ、ニュージーランドに留学したり生活する予定がある方は、日本ではあまり学ぶことができない、訛っていると言われるニュージーランド英語の中で生活することになります。現実問題、聞き取れなければ生活するのは大変です。

そんな方たちにとって、日本にいるうちに少しでもニュージーランド英語に耳を慣らしておくのは、とても大切だと思います。

すぐには理解できないかもしれませんが、音やリズム、使われる単語がアメリカ英語とは全く違うので、実際に知ってて現地に飛び込むのと、何も無しでニュージーランドに来るのとでは全然違います。

おすすめのサイト・番組

そうは言っても、ニュージーランド英語に特化した教材はなかなか見つけにくいと思うので、今日はインターネットでニュージーランド英語にふれる方法を2つご紹介します。

まずは、ニュース。これはやはり外せないと思います。

TVNZというテレビ局のウェブサイトにはたくさんのニュース動画が上がっています(リンクはこちら)。

ニュースキャスターもニュージーランド訛りたっぷりでお届けしてるので、全くニュージーランド英語を聞いたことが無い人には聞き取りづらく感じるかもしれません。

また、ニュースの内容が難しかったりして、理解するのは最初は大変だと思うので、興味がありそうな分野や天気予報などから始めてみてはいかがでしょうか?

ONE News 6pm Weather Update_ April 23 - TV News Video | TVNZ-1

二つ目は、私がわりと好きでよく見ていたテレビ番組”MasterChef New Zealand”です。この番組がYouTubeで見られます(こちらからどうぞ)。

このテレビ番組は素人さん参加型勝ち抜き料理番組なのですが、この番組をオススメする理由が2つあります。

まず一つ目は、番組に出てくるのは素人さんたちです。ここがポイントです。

一般のニュージーランドの人たちが話している英語が聞けます。ニュースキャスターでも、学校の先生でもなく、一般人です。

なので、教科書に出てくるような英語ばかりではありませんが、ニュージーランドで生活するなら、そんな一般人の会話が聞けるようになるのが一番重要です。日常でよく使われる単語やフレーズもバンバン出てきます。

オススメ理由の2つ目は、番組に登場する審査員たちです。

NZのトップシェフら3人の審査員が毎回、素人さん達が料理を作っている途中でいろいろ話しかけたり、作った料理にコメントをします。ポイントは英語のスピードのメリハリです。

料理中に話しかけるのは”How’s it going?”のようなところから入って、普段の会話のような感じで、話すスピードもかなり早いです。
が、出来上がった料理を食べた後に言うコメントは、ゆっくりハッキリと話しているので、比較的聞き取りやすくなっています。

料理に興味がない人も、英語だけのために見ても楽しめると思います。そして、ここでもやはり全員がニュージーランド訛り全開です。

ニュージーランド英語

ニュージーランド英語は、スペリングや使われる単語がイギリス英語寄りなので、読んだり書いたりするのには、日刊英語ライフがいつもおすすめするEnglish Grammar in Useを使うのがいいと思います。

そして、耳を慣らすにはニュージーランドの英語をたくさん聞くのが一番です。

かなりクセのある英語ですが、慣れてくると、その響きも “lovely” を多用するところも、大好きになってしまいました。

これからニュージーランド英語を勉強される方や、ニュージーランドに来られる方も、そんなニュージーランド英語に少しでも親しみを持ってもらえたらいいな、と思います。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS