“Thank you” だけじゃない「ありがとう」

“soon” の「すぐに」はどれぐらい「すぐ」?
“Would you mind …?” と聞かれたらどうする?
会話によく出てくる “Are you happy?” の意味

スポンサーリンク

感謝をあらわす時に、日本語では「ありがとう」ではなく「すみません」と言ったりすることも多いですよね。

でも、ワンランク上のThank youの使い方のコラムでも書いたように、英語では「ありがとう」は基本的に “Thank you” です。

さらに、英語では「◯◯してくれてありがとう」と、相手に対する感謝をわざわざ口に出して言うことが日本よりも多いと感じます。なので、毎日なにかと “Thank you” と言う機会があるんです。

そこで、ワンパターンにならないように、感謝のいろんな表し方が今日のテーマです。

“Thank you”以外の感謝の表現

“Thank you” は誰でも知っていますよね。英語の授業で一番最初に出てくるほど、基本中の基本です。
“Thank you”、”Thank you very much”、”Thank you so much”・・・など、他の表現もありますよね。

でも、もうちょっと違う表現でも感謝を伝えたいと思ったことはありませんか?

別の表現でよく使われるのが “appreciate” です。
この単語、耳にしたことはありますか?

これはビジネスのシーンでよく使われますが、もちろんビジネス以外でも使われる便利な表現です。少しカタい表現で、何かをしてもらって「感謝します」「助かります」と言いたい時なんかによく登場します。

“I really appreciate it” や “I appreciate your help” という言い方をよくしますが、”I appreciate you” とは言わないので注意です。”appreciate” の後ろは《誰に》感謝ではなくて、必ず《何に》感謝となります。

スポンサーリンク

また、”appreciate” は受け身で “◯◯ is much appreciated” という使い方もあります。

“appreciate” の使い方の詳細はこちらをどうぞ!↓

でも、もっと簡単な言い方もあるんです。
そして、多くの方がその言い方を知っているはずなのに、あまり使っていません。

「◯◯してくれるなんて親切ね」

上の文章を英語にしてみたらどうなるでしょう?
正解は “It’s very kind of you to …” です。

この表現、学校でも習ったので皆さん知っているわりに、どうやって使ったらいいか分からなかったりしませんか?
「◯◯してくれるなんて親切ね」なんて日本語で言う機会もあまりないし、知ってるのにイマイチ使えない表現になってませんか?

今日から早速使ってみましょう。使い方は簡単です。

相手が自分のために、頼んでいないのにわざわざ何かをしてくれて、”Thank you” だけじゃ素っ気ないかな?と感じた時なんかにピッタリです。

この「頼んでないのに」がポイントです。”kind” は「親切な・優しい」という意味です。頼んでないのにやってくれるのが親切ですよね。

以前働いていたカフェでは、セルフサービスでもないのに、飲み終わったコーヒーカップをお客さん自らカウンターに持ってきてくれる事が多かったんです。そして「美味しかったよー」と言って帰って行くんです。

私はその習慣をすごくいいなと思ったので、カフェに行った時に自分でも出来るだけするようにしているのですが、そうすると “That’s very kind of you” と言われる事があります。

cappuccino

他にも、海外旅行のお土産を渡したなんか時に “That’s very kind. You shouldn’t have. Thank you!” と言われることもあります。ちょっと大袈裟に聞こえますが「ありがとう!こんなことしてくれなくてもよかったのに」と言うのと同じですね。

日本語の訳にとらわれすぎてはいけない

“That’s very kind of you” を「◯◯してくれるなんて親切ね」と訳してしまうと、なんだか使いにくい表現になってしまいます。

でも、日本語でも「ご親切にありがとうございます」と言うことがありますよね。もしくは「わざわざどうもありがとう」とも言います。そんな時に気軽に使ってみましょう。

“kind” を “sweet” にして “That’s sweet of you” とも言えます。

例えば、同僚がコンビニに飲み物を買いに行ったついでに、私の分まで買ってきてくれたら “That’s very sweet of you” と言うと思います。わざわざありがとう!と喜んでいる気持ちが伝わります。

自分の気持ちを具体的に伝える

他には “I’m grateful to you(あなたに感謝しています)” のような表現もあります。

今回のコラムで紹介したように「ありがとうございます=Thank you」だけではありませんね。

感謝の気持ちは具体的に言えば言うほど、相手に伝わりやすくなります。

これは、日本語でも同じですよね。誕生日プレゼントを渡して「ありがとう」だけよりも「ありがとう!これすっごく気に入ったよ」とか「ありがとう!キレイなお花ね」と言ってもらったら、こちらまで嬉しくなります。

英語でも、本当に嬉しい時は “Thank you so much” の後ろに、それをどれだけ気に入ってるかなど付け加えるだけでも、相手への伝わり方は違うはずですよ。

■”Thank you” と “Thank you very much” の使い分けはこちら!↓

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS