褒められた。さて、どうする?

「乾杯!」だけじゃない “Cheers!” の便利な使い方
“appreciate” 正しく使えてますか?
“Where?” を使わずに「どのあたり?」

スポンサーリンク

あなたは誰かを褒めるのが得意ですか?

私はそんなに得意ではないので、友達に会った時に「そのバッグいいね!」や「髪切ったの?似合うね!」ぐらいしか出てきません。

そんな私も、ニュージーランドに来てからは褒められることが多くなりました。
私がスゴくなった訳ではなくて、こちらでは何かと人を褒める習慣があるので、自動的に褒められる回数が増えただけです。

そこで困りました。
褒められ慣れてないので、どうやって返したらいいのか分からないんです。

今日は、英語で褒められた時にどうしたらいいかというお話をしたいと思います。

まずは、どんなことで褒められる?

以前に「簡単!話のキッカケ3つの方法」のコラムでも書きましたが、ニュージーランドでは特に親しい人ではなくても、気軽に「それいいね!」と言ったりします。

私がまだニュージーランドに来て間もない、英語もちゃんと聞き取れない頃、雑貨屋さんの店内でウロウロしていたところ、突然店員さんに話しかけられました。

「えっ?何か悪いことした?」とビクビクしていると、ゆっくり “I like your bag” と言われたこともありました(笑)

普通に接客をしている時にも、お客さんに “I like your smile” なんて言われたこともあって赤面した覚えがあります。

また、少しだけおしゃれして出かけた時に誰かにバッタリ会うと、”You look great!” と言われることもあります。
「そんな、greatっていう程でもないけど・・・」という時にも “great” を使って褒めたりするほど、とっても褒め上手です。

日本なら「知らない人に向かっていきなりこんなこと言うのは・・・」とためらいますが、ニュージーランドの人はフレンドリーに「いいね!」と言ってきます。

褒められたら何て言う?

例えば、日本語で「ステキだね!」とか「かっこいいね!」と褒められたら、あなたは何て返しますか?

「いやいや、そんなことないよ」って言ってしまいませんか?
「ありがとう」と、それを甘んじて受けるのはちょっと・・・という気がしませんか?

でも英語では、褒められたら “Thank you” でいいんです。

「そんなことないよ」という謙遜の意味で “No, no, no…” と言うと、相手は不思議に感じるかもしれません。

素直に “Thank you” と言うのが一番です。

Thank you cake

でも、”Thank you” だけだとちょっと物足りない、と思ったことありませんか?
英語にはいろんな返し方があります。

よく使われる、自然な返し方

甘んじて受け取る

“I like your bag!” などと言われた時の返し方は「ありがとう」がやっぱり一番自然です。
でも、それだけじゃ物足りないと思ったら、褒められた物を表現する一文を付け加えてみましょう。

“Thank you” に続けて “I like this too. I’ve had this for ages(もう長く使ってるんだ)” とか “It was only $10!” などと言ってみてもいいかもしれません。

褒められたら褒め返す

例えば “You look gorgeous!” と言われた時に “Thank you. You look great too” のように、褒め言葉で返すことも多いです。

ただ、オウム返しな感じになってしまうので、それを避けたい場合は、具体的に “I like your coat” など付け加えるといいと思います。褒められたら、褒め返す。簡単ですね。

褒めてくれたことに感謝する

“Thank you. That’s very kind” や “Thank you. That’s very kind of you to say so” と返すと、相手の褒め言葉を受け取るだけではなく「褒めてくれてありがとう」という相手に対する気持ちを表すことができます。

仕事など、頑張ったことで褒められた時は

“I like your coat!” の時の返し方とはちょっと違いますよね。

「自分でもちょっと頑張ったから、褒めてもらって嬉しい」というような時は “Thank you. I’m really glad you noticed. I tried really hard!” みたいに言ってみてもいいかもしれません。

もしくは「自分一人だけの成功ではない」と言う場合もあります。

“Thank you. But it wasn’t all my work. I couldn’t have done this without ◯◯(人の名前)” とすると、同じプロジェクトのメンバーへの感謝を表すこともできますね。

ポジティブなカンジと笑顔を忘れずに!

相手が褒めてくれた時は、その相手が「褒めてよかった」と思えるような返し方が一番スマートだと思います。

せっかく褒めたのに「そう?これあんまり気に入ってないんだ」なんて返ってきたら、褒めた人は戸惑ってしまうかもしれません。
「素直に喜んだら、うぬぼれてると思われるかな」「謙遜しないと・・・」みたいに考えすぎなくてもいいんです。

素直に喜んで「褒めてくれてありがとう」という気持ちを相手に伝えるのが一番重要です。

褒められて返す時には「何を」言うも大事ですが、「どうやって」言うかもポイントになります。
英語のフレーズに気をとられがちですが、慣れないうちはまず、にっこり笑って “Thank you” から始めてみましょう!

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS