「しょうがない」を英語で言うと?

こんな時 “he/she” は使わない?
“work” を使わずに家電・機械が「動く・動かない」を英語で
意外に簡単!「そうしてもらえたら助かります」

スポンサーリンク

最近、どんな場面で「しょうがない」って言いましたか?

私は、昨日ちょうど「しょうがない」を使う機会があったので、今日のコラムにしてみようと思います。

ニュージーランドの冬は雨の日がとても多いんです。昨日は洗濯物を部屋干しして、乾きが悪かったので「しょうがないね」と旦那さんと話していたのですが、「しょうがない」も日頃よく使う言葉なので、英語でもさらっと言いたい!と思っている人が多いと思います。

実は「しょうがない」は英語にするのが意外と難しいんです・・・

「しょうがない」「仕方がない」

私は「しょうがない」という言い方をよくするのですが、和英辞典を見てみると「仕方がない」で載っていました。

そして、「仕方がない」の意味は大きく3つに分けられています。

  1. どうにもならない
  2. がまんできない
  3. 困る

そして、さらに1の例文だけでも覚えきれない数の「仕方がない」の英語表現が載っていました。

日本語の「仕方がない」って便利な言葉なんですね。
英語ではいろんな違う表現を使うところが、「仕方がない」一言で片付いてしまいます。

それだけに、英語にする時には意味によって表現を変える必要があります。

スポンサーリンク

今日は、一番使うかもしれない「どうにもならない」という意味の「仕方がない、しょうがない」を表現する英語を紹介したいと思います。

聞いたことがあるかもしれない「しょうがない」

自分の力ではどうすることもできない事が起こった時には、ある単語がよく出てきます。

“It can’t be helped.” って聞いたことないですか?
受験英語で覚えた人もいると思います。

何で “help” が出てくるの?と疑問に思うかもしれませんが、”help” には「助ける」という意味の他にも、オックスフォード新英英辞書にはこう書いてあります。

can/could not help = cannot or could not avoid

“can not help” で「避けることができない」という意味になるんですね。

なので「その状況や物事」を主語にもってきて “It can’t be helped” で「それは避けられない = しょうがない、どうしようもない」となります。

例えば、こんな使い方ができますね。
“I’m sorry I’m late. But the train was delayed” “It can’t be helped”
「遅れてごめんね。電車が遅れちゃって」「しょうがないね」

他に選択肢がない「しょうがない」

他に選択の余地がない場合の「しょうがない」は “I have no choice” もよく使われます。

例えば、出張先の宿が最悪だったけど会社がおさえてくれたから「しょうがない」という場合は、こうも言えます。

“I had no choice. My company booked the room for me”

また、車が故障してド高い修理代になってしまった時でも、払わないと「しょうがない」場合には “I have no choice but to pay the bill” と、他に選択肢がないので “I have no choice” が使えます。

人をなぐさめる「しょうがないよ」

「しょうがないよ」って、何か不運なことが起こった人や、物事がうまく行かなくて落ち込んでる人に対して慰める時にも使いますよね。

そんな時には「人生ってそんなもんだよ」「世の中そんなもんだよ」というニュアンスを込めて、こんなふうに言います。

That’s life.
Such is life.

dog on a lead
© nzlife.net

同じような表現に「世の中、思うようにいかないもんだよ」というのもありますよね。そんな時には

That’s the way it goes.
That’s the way the cookie crumbles.

というのがあります。この、2つ目のcookieの表現は、映画『Bruce Almighty』のジム・キャリーのセリフで何回も登場していました。

直訳すると「クッキーはそのように砕けるものだ」なのですが、そこから「そうなる運命なんだから、しょうがない→そういうもんなんだよ=世の中思うようにいかないものだよ」という意味で、よく知られた英語表現です。

が、実際に会話で使っている人に出会った事はないです(笑)

「しょうがない」の日本語にとらわれない

最初にも書きましたが、日本語の「しょうがない」はいろんな場面で使えて、たくさんの意味を含んでいるので、それを一言で表す英語はありません。

なので、英語では「避けられなかったんだよ」をそのまま、”It was inevitable” や “It couldn’t have been avoided” と言うこともあります。

また「私にはその状況をどうすることもできない = しょうがない」という場合も “There is nothing I can do” とそのまま言うことも多いです。

「しょうがない」という日本語にとらわれて直訳しようとせずに、状況に応じてそのまま表現してみてもいいんじゃないかと思います。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS