「ウィービット」って何だろう?

“OK” の使い方には要注意?!
カタカナ英語とはイメージが違う単語 “candy”
“rather” ってどんな意味?どう使う?

スポンサーリンク

会話の中に出てくる「ウィービット」って聞いたことがありますか?

ニュージーランドとオーストラリアの朝食の定番、Weet-bix(ウィートビックス)ではありませんよ。

Weet-Bix

この「ウィービット」、私は日本にいた時には、見たことも聞いたこともなかったのですが、ニュージーランドではしょっちゅう耳にするんです。

初め聞いた時は「We? Wii?」と思ったのですが、両方とも関係ありません。

「ウィービット」を含めて、ちょいちょい会話に登場してくる「ウィー」が今日のテーマです。

WeでもWiiでもなく、wee

まずは余談から。「ウィー」と言われて思い浮かんだのが “We” 以外には “Wii” だった私ですが、任天堂のゲーム機「Wii」は英語ではありません。

ウィキペディアによると「Wii」は英語のweに由来していて、「Wii U」のUはyouに由来するらしいです。

さて、今日の本題の「ウィー」ですが、英語で書くと “wee” となります。この単語、聞いたことはありますか?

スポンサーリンク

実は “wee” には、今日紹介する意味とは別に「おしっこ」という意味もありますが、今日はその話ではありません。

この単語は元々はスコットランドから来た単語です。

ニュージーランドにはスコットランド系移民の子孫も多いので、よく耳にするのかもしれませんが、ニュージーランドだけで使われているということでも無いようです。

“wee” の意味と使い方

“wee” は、little・small・tinyという意味でよく使われる単語なんです。

英語で “little” を使う場面って、どんなのがありますか?

“a little”、”a little bit”、”a little girl” みたいな感じで使いますよね。
その “little” が “wee” に置き換わるワケです。

ちょうど最近、”wee” を使ったメールをもらったので、紹介してみます。

家の電気コンロが壊れた

私の家はガスコンロではなく、日本ではあまり見かけない、電気のこんなタイプです↓

Bread on the Oven

スイッチを入れると、グルグルしたところが熱くなる仕組みなのですが、このあいだ突然動かなくなったんです。

早速、大家さんにメールしたところ、返事の一文にこう書かれていました。
「新しい部品を調達するのにちょっと時間がかかるよー」

出てきましたね。「ちょっと時間がかかります」、”wee” が使えそうな気配です。

実際にはこう書かれていました。
“It will take a wee while to source a replacement element.”
“a little while” となるところが “a wee while” となっています。

それだけではなく、この “wee” はニュースにも登場していました。

子どもをあらわす時にも登場する “wee”

去年子どもが生まれた時、ニュージーランド人の友達に子どもの写真をメールで送ったところ、返事の中にこんな一文がありました。

“Thank you for the photos. What a sweet wee girl that you have!”

ここでは “a sweet little girl” の “little” が “wee” に置き換わっていますね。

また以前、New Zealand Heraldという新聞社のサイトに誘拐未遂のニュースが載っていました(現在はサイトからは削除)。

8歳の女の子が道を歩いていたら、男の人に掴まれて車に押し込まれそうになったけど、何とか逃げて無事だったというニュースでした。

記事の中ではこの少女のことを “She’s a brave wee girl” と表現しています。

赤ちゃんや小さな子どもを表現する時には、この “wee” が特によく使われて「私がまだ小さかった頃に」も “when I was a wee child” と言ったりします。

よく耳にする「ウィービット」

ここで、今回のコラムのタイトル「ウィービット」に話を戻しましょう。

「ちょっと・少し」を表現する時に “a little bit” と言ったりしますよね。
その “little” が “wee” に置き換わって「ちょっと疲れた」なんて言う時にも “I’m a wee bit tired” と言ったりします。

「ちょっとだけフランス語が話せます」も “I speak a wee bit of French”と、ここでも「ウィービット」が出てくるんです。

自分では使う機会がなくても、意外としょっちゅう耳にするこの “wee”。
特にニュージーランドでは使う人がとっても多いので、覚えておくと便利かもしれません!

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS