24時間 年中無休って英語で何て言う?

ネイティブがよく使う “catch” の表現
“go to the school” は間違いじゃない?
ぜひ覚えておきたい!歯にまつわる英語あれこれ

スポンサーリンク

日本には「24時間 年中無休」のお店ってたくさんありますよね。

ニュージーランドでは、日本と比べると年中無休のお店はとっても少ないです。でも、年中無休のカスタマーサービスや、年中無休で受け入れてくれる病院ももちろんあります。

そんな「24時間 年中無休」って英語で何て言うと思いますか?

24時間 年中無休を英語にすると

英語では「24時間 年中無休」のことを「24/7」と書きます。

でも、これってどうやって読むんでしょうか。

数字の24、「/(スラッシュ)」、そして数字の7。

読むときは「/(スラッシュ)」は無視して数字だけそのまま読みます。

“twenty four seven” です。

「24-7」と書かれている場合もありますが「24/7」と全く同じです。

スポンサーリンク

なぜ「年中無休」が「24 / 7」なの?

はじめの「24」は「24時間」、後ろの「7」は「7日間」を表しています。

日本語では「24時間 年中無休」で休みが無いことを表したり、「24時間365日営業」でずっとやってます、という表し方をしますが、英語では「24時間 週7日やってます」という、週で区切った表現の仕方をします。

なので「あのお店、24時間年中無休だよ」は「24/7」を使って、”They’re open 24/7.” や “The store is open 24/7.” というふうに言います。

他にも、24時間365日電話を受け付けるお客様サービスは “24/7 customer service”なんていう言い方をします。

711
© Lets

ちなみに、セブンイレブンはできた当初、朝7時から夜11時までの営業だったそうです。
それが今では24時間営業なので “seven eleven is open twenty four seven” となります。

こんな時にも使います

インターネットでNew Zealand Heraldという新聞社のサイトを見ていると、2014年の3月上旬に行方不明になったマレーシア航空のニュースが載っていました。

その飛行機に旦那さんが乗っていたというニュージーランド人の奥さんのインタビューが載っていましたが、彼女の話している言葉の中に「24/7」という表現を見つけました↓

Until we find out what happened, we cannot move on, we cannot grieve, and it consumes our thoughts 24/7.

ここでの「24/7」は、もちろん営業時間のことではありません。
24/7は「いつも」や「ずっと」「しょっちゅう」という”all the time”という意味でもよく使われるんです。

“it consumes our thoughts 24/7” で「一日24時間・週7日そのことを考えてしまう = いつも(ずっと)そのことばかり考えてしまう」という意味になります。

他にも、口を開けば彼のことばっかり話す女の子のことを “She talks about her boyfriend 24/7” というふうに表現したり、「車とめるな」のような意味で “No Parking 24/7” と書かれていたりします。(正式な道路標識では “at all times” が使われることが多いです)

「24/7」は便利な表現なのですが、とってもカジュアルなので論文や作文には使わないのでご注意くださいね。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS