“appreciate” 正しく使えてますか?

カタカナ英語とはイメージが違う単語 “company”
「私は日本人です」を英語で言うと?
スッキリ使い分け!「列」を表す英単語

スポンサーリンク

“appreciate” という単語、耳にしたことはありますか?

「感謝する」を表す、”Thank you” よりも少しフォーマルな表現としてご存知の方も多いと思いますが、実は使う際にちょっと注意したいポイントがいくつかあるんです。

今回は、使えると表現の幅が広がる “appreciate” の間違えやすいポイントを中心に紹介したいと思います。

“appreciate” は「物・事」に「感謝する」

冒頭で、”appreciate” は “Thank you” のフォーマルな表現と紹介しました。

確かに「感謝する」という意味では同じなのですが、注意したいのは【感謝する対象が違う】ということです。

“thank” は「人に感謝する」という意味なので、”thank” の後ろに「誰」が入って、”Thank you” になるんです。誰もが知っている、もはや説明するまでもないフレーズですね。

それに対して “appreciate” の意味はこうです。(オックスフォード新英英辞典より引用)

be grateful for (something)

何かを感謝する、ありがたく思う」ですね。感謝する対象は「何」であって「誰」ではありません。

なので “I appreciate you” とは言えないんです。
では、実際にどうやって使えばいいのでしょうか?

スポンサーリンク

“appreciate” の使い方

“appreciate” の後ろに「何を感謝するか」を入れるだけです。

例えば、”I really appreciate your help” で「あなたの助けを感謝します=手伝ってくれてありがとうございます」ということになります。

また、”Your support is much appreciated” のように【感謝の対象】が主語に来て、”be appreciated” と受け身で使われることもあります。

そして実は、“Thank you” と合わせて使われることも多いんです。

例えば、”Thank you for coming. I really appreciate it” みたいな感じですね。

“it” は、ここでは「来てくれたこと」を指していますが、この “it” がなかなか重要です。
“appreciate” は「〜を感謝する」なので、必ず後ろに「何」が必要になります。

“it” を抜かして “I appreciate” とは言えないんですね。”I thank” と言われたら何か足りない感じで気持ち悪いのと同じ感覚です。

Thanks!

お願いする時の “appreciate”

また、”appreciate” は何かをお願いする時にも使われます。

“I’d(=I would) appreciate it if you 〜(〜していただけると幸いです、有り難いです)” というフレーズが特に書き言葉でよく使われますが、この “it” もよく忘れられがちです。

「そのことを感謝します」なので、”it” が必要なんですね。

例えば、”I’d appreciate it if you could help me out” で「手伝っていただけたら幸いです(有り難いです)」という意味になります。
しつこいようですが “it” を忘れないでくださいね。

また、感謝する対象が主語になって “Any advice would be greatly appreciated(アドバイスいただけたら大変ありがたいです)” のように表現することもありますよ。

“I appreciate it” は覚えておきたい

“I really appreciate your help” のように具体的に「何を」を表現すると、とってもきちんとした表現になりますが、実は会話の中では、相手が何かしてくれた時に “I appreciate it” と言うことも多いんです。

「何を」感謝するのかを具体的に言わずに “it” で表現するんですね。
これは丁寧な表現には変わりないですが、それほどフォーマル過ぎず「ありがとう、助かるよ」みたいな感じで、日常的に使われている表現だと思います。

これまで “Thank you” ばかり使っていたという方は、場面によって “appreciate” も活用してくださいね!
以下のコラムでは、その他の「ありがとう」表現を紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください↓

また、”Thank you” と “Thank you very much” の使い分けについては、こちらをご覧ください↓

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS