dozen?score?日本ではあまり馴染みのない数え方

「ポッコリお腹」って英語で何て言う?
使役動詞の “get”、どう使う?
「まあまあ」に “So so.” はあんまり使わない?

スポンサーリンク

今回は、先日私が目にした英語の【数】の話を取り上げたいと思います。

日本では人や物を数える時に10単位で数えることがわりと多いですよね。

例えば、スーパーで売っている卵は1パック10個入りが多かったりしますが、海外では “dozen” 単位で売られていることも多いんです。

そんな “dozen” の意味と、ちょっと間違えやすい使い方のポイントを紹介します!

“dozen” ってどんな意味?

冒頭で紹介した「卵」ですが、私の住んでいるニュージーランドでは6個、12個、18個、24個、30個…という単位で売られていることがとっても多いんです。

なぜこんな中途半端な数なのかというと、実は “dozen” という数え方が関係しています。

“dozen” とは、オックスフォード現代英英辞典によると、

a group of twelve of the same thing

という意味で、これを日本では「ダース」と呼びますよね。

ちなみに、”DARS” という名前の12粒入りのチョコレートがありますが、あれは造語のようです。英語では “dozen(発音は[/ˈdʌzn/])” と言わないと通じません。

スポンサーリンク

“dozen” が「12個」なので、「6個」は “half a dozen”、もしくは “half dozen” となります。

poached eggs

“dozen” の間違いやすい使い方

実はこの “dozen”、ちょっと面白い特徴があります。

例えば「12個の卵」は “a dozen eggs” と表しますが、これが「24個の卵」になっても “two dozens” とは言わないんです。”two dozen eggs” が正解です。

ちょっとややこしいと思いましたか?
でも、あるルールを思い出したら簡単に覚えられるんです。

“hundred” という単語をみなさんご存知だと思います。「100」という意味でしたよね。

では「200」を英語で表すと、どうなるでしょうか?
“two hundred” でしたよね。”two hundreds” にはなりません。

“dozen” もこれと同じように数字のユニットを表すので、同じルールなんですね。
“dozen” の前に来る数字がいくつになっても “dozen” のままで、複数形の “s” はつきません。

“dozens” を使うこともある

では、絶対に “dozens” と言わないかというと、そんなことはありません。

dozens of 〜” で「何ダースもの〜、多数の〜」という意味で使われます。

“dozens of people” で「たくさんの人」、”I’ve told you dozens of times!” で「何十回も言ったでしょう!」みたいな感じで使われます。

これは “hundred” も同じでしたよね。”hundreds of 〜” で「何百の〜、非常に多数の〜」を表します。

Lovely eggs

ちなみに「12」ではなく「20」という数字のユニットを表す “score” という単語もあります。

こちらも使い方は “dozen” と同じで、”scores of 〜(多数の〜)” という意味でも使われます。”scores of people” で「多数の人」という感じですね。

さらに、”twelve dozen(12ダース=144個)” を表す “gross” という単語もあります。滅多にお目にかかりませんが…

覚えておきたい “dozen”

ニュージーランドのレストランでもカキを出すところがあるのですが、そんな場合には決まって6個か12個を選べるようになっています。

メニューには “1/2 dozen (もしくは half dozen) $25” や “dozen $40” と書かれていたり、略して “doz” という表記になっていることもあります。

“dozen” は海外で目にする事が多いと思いますが、最近ではコストコのような日本に進出している海外企業の店で目にする機会も多いかもしれません。

クリスピー・クリーム・ドーナツもアメリカの会社なので「ダズン」という12個入りのセットがあったりしますよね。

日本ではダース単位ってあまり見かけないので、私も最初は “dozen” の文化に戸惑いましたが、上のように食べ物の場合なら2人でも3人でも4人でも均等に分けられるので、もっと日本でも浸透するといいなぁと今では思ったりします。

「数」にまつわる英語表現はこちら!

今回紹介した “dozen” 以外にも、英語で物を数える時に知っておきたい表現はこちらで紹介しているので、ぜひ参考にしてください↓

また、”a couple of 〜” も数を表す時にとてもよく使われます↓

英語の単位の読み方も気になる

「㎡」や「㎥」、温度の「℉」の読み方や、”$350k”、”10 grand” の意味など、英語でよく使われる単位やその読み方のコラムはこちらからどうぞ!↓

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS