英語で読むことの重要性

「前向きな」だけじゃない英語の “positive”
日本語とはちょっと違う 年末年始の挨拶
「イクラ」「たらこ」は “egg” じゃない?

スポンサーリンク

皆さん、何か英語で読んでいるものはありますか?

以前に紹介した「Wikipediaでシンプルな英語を学ぶ」のコラムには予想外の大きな反響をいただき、自分でも少し驚いています。

それだけ「英語で読むこと」に興味がある読者の方が多いのもしれないと感じたので、今回のコラムでは「英語で読むこと」をテーマにお届けします。

英語の文法書や教材だけを読んでいても、英語がすらすら読めるようにはなかなかなりません。
「英語を読める」ようになるには「英語で読む」トレーニングが必要です。

そして「英語で読む」というのは、思った以上にとっても重要なんです。
それは一体、なぜなのでしょうか?

英語で読むことの重要性

皆さんは、なぜ英語を勉強しているのですか?
他の言語ではなく、なぜ「英語」なのでしょう?

「英語が話せたらカッコいい」や「英語が仕事で必要だから」など、人それぞれの理由があると思いますが、その一つに「英語が使えると、世界の多くの人とコミュニケーションが取れるから」が挙げられると思います。

これは多くの人が挙げる、ありふれた理由かもしれませんが、本当にその通りなんです。英語が使えるようになれば、世界はグンと広がります。

私は「英語で読む」のがとても苦手でした。英語の新聞も難しいし、インターネットで英語のページが出てくるとサッと閉じていました(笑)

スポンサーリンク

それでも特に不便は感じていませんでしたが、比較的簡単なニュースから少しずつ英語で読み、英語でGoogleの検索をしたりしていると、あることに気付いたんです。

それは「英語でしか手に入らない情報がある」ということです。

日本には情報が溢れている?

日本に住んでいた時には、インターネットで調べれば何でも解決するし、手に入らない情報は無いと思っていました。

でも、実はそうではないんです。

英語の情報全てが日本語に訳されているワケではないので、英語でしか手に入らない情報があるのは当たり前です。

さらに、海外で発信される最新の情報も英語であることが断然多いです。

常に最新の情報を手に入れなくてもいいかもしれません。でも、そうするかしないかは別にして、英語で読めると入ってくる情報の量がグンと増えるのは間違いないです。

英語と日本語、両方で読むこと

私たち nzlife.net が運営している、もう一つのサイト「日刊ニュージーランドライフ」で記事を書くにあたっても、情報収集は英語と日本語の両方で行なっています。

もちろん日本語の情報も役に立つものが多いし、何よりも、ササッと読んだだけで内容が頭に入ってきます。母語ってスゴいですね。

でも、英語はそういうわけにはいきません。

日本語で読むよりも時間がかかるし、テーマ自体が難しい場合、使われている英語も難しかったりするので、理解するのは大変です。

それでも、英語でしか手に入らない情報がたくさんあるので、英語で読むことは欠かせません。

Tail of another whale

しかも、日本語と英語の両方を使うことで見えてくることもあります。

海外では大きなニュースになっていても、日本ではほとんど報道されていなかったり、扱いが小さくて目に入ってこないことがあります。

また、日本がニュースの当事者の場合は、英語で(海外で)報道されている内容と、日本で(日本語で)報道されている内容が違っている、ということもあります。

これは特に日本に不利益になりそうなニュースの場合によくあるのですが、それを考えると海外の報道と日本の報道の両方を客観的に見る重要性を感じずにはいられません。

まずは興味があることから

とは言え、普段読まないような難しい英語のニュースをいきなり読むのは大変ですし、興味が無いと読む気すら起きませんよね。

まずは興味のあるところから始めてみませんか?

例えば、趣味が釣りなら、釣り関係の英語のウェブサイトを少しずつ読んだり、お料理が好きな人は、英語のレシピを使ってみるのもいいかもしれません。

そこから徐々にならしていくと「英語で読むこと」自体もそんなに大変ではなくなると思います。

英語で読むトレーニングも、楽しく毎日続けることが大事です!

■洋書を読むことも「英語で読む」いいトレーニングになります。自分にあった洋書選びのポイントをこちらで紹介しているので、ぜひ合わせてご覧ください!↓

■冒頭で紹介した、Wikipediaで英語を勉強する方法はコチラ!↓

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS