「〜した方がいいよ」は要注意?

スポンサーリンク

「〜したほうがいいよ」という表現、英語の授業で習ったのを覚えてますか?

“had better” でしたよね?
皆さんはこの “had better”、上手に使っていますか?

「これ美味しいから食べた方がいいよ」
「今日は雨が降りそうだから、傘を持って行った方がいいよ」
「あの映画、面白かったから見た方がいいよ」

と、どれも「〜した方がいいよ」と言っていますが、実はこれら全てに “had better” が使えるわけではないんです。

「〜した方がいい = had better」と学校で習ったのは間違ってたんでしょうか?

「〜した方がいい」「〜すべき」

誰かにアドバイスをする時、他にも使える単語がありました。

“should” です。
訳は「〜すべき」と習いましたよね。

「〜すべき」は「〜した方がいい」よりもキツイ感じがしませんか?「絶対こうしなくちゃいけない」と押しつけるようなカンジがします。
同じアドバイスでも「〜した方がいい」のほうが受ける印象がやわらかいですよね。

そうすると、誰かに「〜した方がいいよ」とやわらかくアドバイスしたい時は “should” ではなく “had better” を使いたくなります。

スポンサーリンク

私もそう思って “had better” をよく使っていたのですが、ニュージーランドに来てから疑問に感じるようになったんです。

来た当初、街に慣れるためにホストファミリーや学校の先生が「美術館に行ってきたら?」とか「博物館は行った方がいいよ」と観光名所を教えてくれる時に必ず “You should go to 〜” と言うんです。
その度に「”〜すべき”なんてキツイ言い方するんだなぁ」と思っていました。

それがある日、この理解が間違っていたことに気付いたんです。
目からウロコでした。

日刊英語ライフでは毎度おなじみのEnglish Grammar in Useを使って勉強していた時のことです。

学校で教わったことは間違い?

“should” と “had better” の使い分けは「〜すべき」「〜したほうがいい」という日本語で考えてはいけません。

English Grammar in Useにはこう書いてあったんです。

You should do something = it is a good thing to do or the right thing to do. You can use should to give advice or to give an opinion.

〜するのはいいこと・正しいこと。アドバイスをしたり意見を言う時に使える。
ふむふむ、ここまでは納得です。

それに対して “had better” はこうです。

I’d better do something = it is advisable to do it. If you don’t do it, there will be a problem or a danger.

〜するのが賢明ということですね。
そうしなければ問題や危険が発生するとまで書いてあります。

実は、この2つの使い分けのポイントはここだったんです。
そうしなければ問題や危険が発生する時のアドバイスにしか “had better” は使いません。

「やわらかい言い方」「キツイ言い方」という違いではなかったんです。

実際にはどんなふうに使われる?

上の “should” と “had better” の定義をふまえて、使い方の違いを見てみましょう。

例えば、あなたが美味しいレストランを見つけたとして、友達にすすめる時にはどちらを使いますか?

ここでは “had better” は使えないのが分かりますよね?行かなかったからと言って、問題も危険も発生しないからです。

日本語では「あの店、美味しいから絶対行ったほうがいいよ」と言うので “had better” を使ってしまいそうになりますが、日本語に惑わされてはいけません。

“The restaurant is excellent. You should go” なんていうふうに “should” を使います。

hard frost

では、こんな場合はどうでしょう?

親がいつも車で通勤しているとします。ある冬の朝、起きたら路面が凍結していました。あなたが「今日は危ないから気をつけてよ」と言う時には、どちらを使いますか?

定義を理解していれば “You’d better be careful” と、迷わず “had better” が出てきますよね。
気をつけないと事故を起こしたりケガをする可能性があるからです。

“should” は、アドバイスしたり自分の意見を言うとき全般に使える表現なので、ここでも使えなくはないと思います。

でも、これは私の感覚なのですが「危ないから気をつけた方がいい」と言う場合には “You’d better be careful.” となることが多いです。
「そうしないと危険があるよ」という本来のニュアンスを感じますよね。

日本語訳で覚える落とし穴

「〜した方がいい」と言う場合、いつでも “had better” が使えるわけではないのがお分かりいただけましたか?

冒頭の3つの例のうち、”had better” が使えるのは2つ目の「傘を持って行った方がいいよ」だけです。1つ目と3つ目の「〜したほうがいいよ」には “should” を使います。

日本語の「〜した方がいい」という訳に惑わされないで下さい。違いさえちゃんと頭に入れば簡単ですよね。

“had better” も “should” もよく使う表現なので、ぜひしっかり使い分けて会話で役立ててみて下さい!

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS