「イクラ」「たらこ」は “egg” じゃない?

“call” は「電話する」だけじゃない
“a” でも “one” でもない「1つの」を表す単語
「いま何ヶ月ですか?」ネイティブがよく使う 妊娠・出産にまつわる表現

スポンサーリンク

「イクラ」に「たらこ」、「かずのこ」に「とびこ」…日本人は魚の卵をよく食べますよね。
私もたらこが大好きなので、日本に帰国した時は必ず食べます。

では「イクラ」「たらこ」「かずのこ」「とびこ」って英語言うとどうなるのでしょうか?

これらはよく日本食に使われていたり、特に「イクラ」や「とびこ」はお寿司に使われていることも多いので、海外の人に日本食を説明する時に役に立つかもしれませんよ。

魚の卵を表す “roe”

「イクラ」「たらこ」「かずのこ」「とびこ」といった魚の卵を表す時によく使われるのが “roe” という単語です。

“roe” とはオックスフォード現代英英辞典によると、

the mass of eggs inside a female fish (hard roe),…(中略)used as food

つまり「メスの魚の体内にある卵の塊(集合体)で食物として使われるもの」を “roe” や “hard roe” と呼びます。
小さいつぶつぶが集まった「いくら(厳密には筋子)」や「たらこ」がまさにそうですね。

ちなみに、”eggs” と言っても間違いではありませんが、私が耳にする限りでは “roe” の方がよく使われていると思います。

「イクラ」「たらこ」「かずのこ」「とびこ」は英語で?

“roe” が「卵」なので、その前に魚の種類をくっつければOKです。

  • イクラ:salmon roe
  • たらこ:pollock roe
  • とびこ:flying fish roe
  • かずのこ:herring roe
  • からすみ:mullet roe

のように呼びます(あくまで素材の名称です)。

スポンサーリンク

「たらこ」は「たら(cod)」の「卵(roe)」で “cod roe” と呼ばれることもありますが、日本で出回っているたらこはスケトウダラ(Alaska pollock)の卵なので、厳密に言うと上のようになるそうです。

ただ、魚の種類に詳しくない人に「スケトウダラ」は伝わりにくいかもしれないので、そんな場合には “a type of cod” のように言い換えてもいいですね。

Japanese New Years Cuisine (Salmon Roe)

“soft roe” って何?

先ほど紹介したように「メスの体内にある卵のかたまり」は “roe” や “hard roe” と呼ばれますが、実は “soft roe” なるものもあるんです。

“soft roe” とは、オックスフォード新英英辞典によると、

the ripe testes of a male fish, especially when used as food

ということですが、”testes” なんて聞き慣れない単語が出てきたので調べてみると “testis(精巣)” の複数形でした(「睾丸」という意味もあるようです)。

「食物として使われる成熟した精巣」 …何のことかピンときましたか?

“soft roe” とは「白子」です。
確かに “soft” というだけあって、プルプル柔らかいですよね。

“roe” の発音は?

“roe” の読み方は「ロエ」ではありませんよ。

発音は「列」や「ボートを漕ぐ」の “row” と全く同じで、イギリス英語では [/rəʊ/]、アメリカ英語では [/roʊ/] となります。

ちなみに、お寿司を連想して「生の」を意味する “raw”と混乱しそうですが、ちょっと違うので注意してくださいね。
こちらはイギリス英語では [/rɔː/]、アメリカ英語では [/rɑː/] です。

また「イクラ」や「たらこ」などを「食べられる?」と聞きたい場合に、ちょっと知っておきたいポイントはこちらで紹介しています↓

■■その他の【食べ物にまつわるコラム】はこちらからご覧いただけますので、ぜひチェックしてみてください!

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS