【保存版】短縮形のアポストロフィの使い方、もう一度おさらい!

“tall” と “high”、どっちを使う?
“look” と “look like”、使い分けられてますか?
「〜の」に “of” が使えないのってどんな時?

スポンサーリンク

「’」←こういう記号のことをアポストロフィ(apostrophe)と呼びますが、皆さんは英語の「アポストロフィ」の使い方に悩んだことはありませんか?

何かを短縮する時に使われたり「〜の」を表したりする時に使われたりしますよね。でも、普段何となく使っているという方も多いかもしれません。

そこで今回は【短縮形を作るアポストロフィ】の使い方をまとめておさらいしたいと思います!

アポストロフィってどんな時に使うの?

まずは「アポストロフィ」は大まかに分けると、以下の3つの場合に登場します。

  1. 短縮形を作る
    I’m、She’s、He’ll、They’d など
  2. 所有を表す
    Tom’s、my sister’s、children’s など
  3. 文字などの複数形を表す時
    There are two i’s in ‘Hawaii’.

これらの3つの中でも、今回は1番の短縮形(縮約形)を作るアポストロフィの使い方をおさらいします!

短縮形を使う時、使わない時

“I am / I’m” や “It is / It’s” のように短縮形を使う時と使わない時ってどうやって使い分けていますか?

“I’m” や “It’s” などは単に「短縮した形」とだけ習ったような気もしますが、実際の口語では、その「短縮した形」がとてもよく使われます。

つまり、”I’m / You’re / It’s / He’ll / I’ve / I’d” のような短縮した形が使われるんですね。発音も短縮形のままになるので、” ‘m/ ‘re/ ‘s/ ‘ll/ ‘ve/ ‘d” の音は弱く発音します。

「アイ アム」「ヒー ウィル」「アイ ハヴ」「アイ ウッド」のようにハッキリ離して発音することって、実はかなり少ないです。逆に、口語で “I am” や “It is” と敢えて言うのは強調する場合です。

スポンサーリンク

また、短縮形はフォーマルではないので、ちゃんとした手紙・メール・論文などでも短縮形は避けられます。

アポストロフィを使った短縮形一覧

アポストロフィを使った短縮形(縮約形)には、こんなものがあります。

‘m:am

‘re:are

‘sis、has

‘ve:have

‘ll:will

‘dwould、had

皆さんもよくご存知のものばかりだと思います。

でも、分かっていても意外と混乱しやすいのが、上で太字にした “ ‘s” と ” ‘d” のように、2つの別の単語なのに短縮すると同じ形になるものです。

“has” と “is” は短縮するとどちらも ” ‘s” になります↓

  • He’s arrived. (=He has)
  • John’s gone to work. (=John has)
  • He’s sick. (=He is)
  • She’s shocked. (=She is)
  • It’s going to rain. (=It is)

みたいな感じですね。同じように ” ‘d” も、

  • He said he’d call me. (=he would)
  • I’d never seen it before. (=I had)

のように “would” と “had” の両方があるので、これらは後ろに来ている単語と文脈で判断するしかないです。

ちなみに、”I have a dog” のような動詞の “have” は短縮形にできません。短縮形の ” ‘ve/ ‘s/ ‘d” が使えるのは助動詞の “have” だけです。

  • ◯ She has a dog.
  •  × She’s a dog.(She is a dog. の意味なら◯)

You've Changed

疑問詞/that/here/there+短縮形

上の一覧で紹介した短縮形(特に ‘s)は、who/what/where/which/how などにもくっついてよく使われます。例えば、

  • Who’s that guy? (=Who is)
  • What’s that? (=What is)
  • Where’s she gone? (=Where has)
  • How’ve you been? (=How have)

のような感じですね。同じように、that/here/there+短縮形も使われますが、これも ” ‘s” や ” ‘ll” が多いです。

  • Here’s a question. (=Here is)
  • There’s been a misunderstanding. (=There has)
  • That’ll be fine. (=That will)

would/could/should/must+ ‘ve

過去のことに対する「〜した/だったかもしれない」「〜できたかもしれない/あり得たかもしれない」「〜すべきだったのに」「〜した/だったに違いない」を表す【would/could/should/must+have+過去分詞】の形は会話にとってもよく登場します。

この真ん中に挟まれた “have” は口語では必ずと言っていいほど ” ‘ve” と短縮されることが多く、”I’ve” の場合と同じように弱い「ヴ」で発音されます。

  • It would’ve been better. (=would have)
  • He could’ve called me. (=could have)
  • I should’ve told you. (=should have)
  • You must’ve eaten something bad. (=must have)

生活の中のちょっとした後悔を表す時によく使われる “should’ve” は、こちらのコラムで詳しく紹介しています↓

否定形の短縮 “n’t”

否定の “not” も短縮して “n’t” という形になることがとても多いです。

この “not” の短縮形の作り方は簡単。たいていの場合は、後ろに “n’t” をくっつけるだけです。

  • is not → isn’t、are not → aren’t、was not → wasn’t
  • do not → don’t、does not → doesn’t、did not → didn’t
  • have not → haven’t、has not → hasn’t、had not → hadn’t
  • will not → won’t、cannotcan’t
  • would not → wouldn’t、could not → couldn’t

否定形の短縮でちょっと注意したいのは、上の太字にした部分です。

“will not” は短縮すると “willn’t” ではなく “won’t” になります。
また、”can’t” の短縮しないバージョンは “can not” だと勘違いしがちですが、実は “cannot” が正解です。

Can't Stop Won't Stop

短縮形が使えるのは強調されない場合だけ

次の2つの文章を、よく見てみてください。

  1. Are you hungry? -Yes, I’m.
  2. Does John like coffee? -No, he doesn’t.

1と2もどちらも短縮形を使って答えていますが、どちらか 1つは間違った使い方をしています。

簡単でしたね。2はナチュラルな使い方ですが、1のような形で短縮形が使われることはありません。1の文章では通常、”Yes, I am” の “am” を強く発音するので、短縮することはできないんですね。

  • Do you know what it is?
  • I don’t know who they are.

なども文末の “is” “are” を強く読むので、”what it’s” や “who they’re” と言うことはできません。

皆さん何気なく使いこなしていると思いますが、上の方でも紹介した「強調する場合は短縮しない」というルールに基づいているんですね。

今回はかなり長くなりましたが、最後までお読みいただきありがとうございました!
「〜の」を表す “〜’s” の使い方のおさらいは、こちらも合わせてご覧ください!

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS