相手への印象がグッと変わる否定の仕方

12歳はティーンエイジャーではないって本当?
ロースト・グリル・ベイクって、何が違う?
ネイティブがよく使う “think” を使わない「どう思う?」

スポンサーリンク

以前に、やんわり「嫌い」と言えますか?というコラムを書いたのを覚えていますか?

その中でも紹介しましたが、英語だからといって何でも Yes / No をズバッとハッキリ言うのではなく、英語にも「やんわり」言う方法がありました。
日本語と同じで、英語でも遠回しに言ったほうが相手に対してやわらかい印象を与えます。

特に注意したいのが、相手の意見を否定する時。「この言い方でいいのかな?」と、自分の言い回しが心配になったりする事もあるかと思います。

そこで今日は、私がニュージーランドでネイティブから学んだ「やんわりと相手の意見を否定する言い方」のコツをお話しします。

とっても簡単なので、今日から早速使えますよ。

相手を否定しない

まずは日本語で想像してみて下さい。

「君、間違ってるよ」
「君の言っている事、間違ってるよ」

この2つのうち、どちらの方が否定されている感じが強いですか?

私は一つ目の「君、間違ってるよ」という文章だと思います。
よっぽどのことではない限り、否定するのはあくまでも「相手の言っている事」であって「相手の人」ではないはずです。

スポンサーリンク

英語でも同じことが言えます。

主語を “You” にしてしまうと、相手は自分そのものが否定されていると感じてしまうかもしれません。

“You’re wrong.” よりも “It’s wrong.” の方が、相手にムッとされにくいです。

でも、”It’s wrong.” もまだまだズバッと度合いが高いですよね。
もっとやわらかい表現にするにはどうしたらいいのでしょうか?

notと反対語を上手に使う

これはネイティブと話をしていて、私がいつも感じることでもあります。
相手の意見を否定する時には、上手に「not+反対語」を使います。

例えば「間違ってるよ」と言う場合には “It’s wrong.” と言われることはあまりなく、”That’s not right.” や “That’s not correct.” という表現をよく聞きます。

「間違っている」は “wrong” や “incorrect”という単語がちゃんとありますよね?

でも、そこで敢えて遠回りをして、”wrong” の反対語 “right” や、”incorrect” の反対語 “correct” を使って、さらに “not” で打ち消す言い方をします。

他にも「そのアイデアはいまいちだね」も “That’s a bad idea.” とは言わず、”That’s not a good idea.” と言ったり、「私はそれに賛成しません」と言う時にも、ズバッと “I disagree with you.” と言うのではなく、”I don’t agree with you.” と少し遠回りした言い回しにします。

curiosity

さらに、”not” と一緒に “very” や”really” “quite” “exactly” などを使うと、もっと印象をやわらげることができます。

“That’s not a good idea.” よりも “That’s not a very good idea.”
“That’s not right.” よりも “That’s not quite right.”
“It’s not what I want.” よりも “It’s not exactly what I want.”

の方が、それぞれやんわりした印象になりますね。

“I don’t think…” をつけてみる

一番最初の “You’re wrong.” よりはだいぶやわらかい印象になってきましたが、もっと間接的にすることができます。

その方法は「それはこうではない」と事実関係を否定するのではなく「私はそうは思わない」と、自分の意見にしてしまうやり方です。

そうすると、相手が間違っているどうのこうの、というのではなく、あくまでも「自分の意見は違うんです」と相手を否定せずに伝えることができます。

これを英語にしたら難しそうですか?
そんなことはありません。とっても簡単です。

文章の一番前に “I don’t think…” をつけて、後ろの部分を肯定形に変えるだけ。

“That’s not a very good idea.” が “I don’t think that’s a very good idea.”、
“That’s not quite right.” が “I don’t think that’s quite right.”

となります。

どうですか?”You are wrong.” と言われるよりは、こう言われた方がズバッと斬られた感じがしませんよね?
こう言われると、相手の意見はどうなんだろうと自然と耳を傾ける気持ちにもなってくるから不思議です。

時と場合によって

もちろん、いつでもどこでも「やんわり」否定した方がいい、という訳ではありません。
ズバッと言わないと伝わらない場面もあります。

でも「これって失礼じゃないかな?」や「気を悪くしないかな?」と、相手の気持ちを考えながらも違う意見を言う時には、今日紹介したコツは役に立つのではないかと思います。

難しい単語を覚えるのも大切ですが、知っている単語を上手に使いこなすのも会話上手への第一歩ですよね。

■やんわり「嫌い」と伝える方法については、こちらを参考にどうぞ↓

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS