結構使える!英語の “chance”

世界のあんな街こんな街、英語で何て言う?
「隣」「隣の、隣に」「隣の隣」って英語で何て言う?
“I think” をもっとカジュアルに

スポンサーリンク

日本語で「チャンス」と言うと、どんなことをイメージしますか?

「今がチャンス!」「絶好のチャンス」というふうに「好機」という意味で使われることが多いですよね。

でも、英語の “chance” は、それ以外の意味でも日常会話でよく使われるんです。

実は以前、ちょっとしたハプニングが起きたのですが、そこでも “chance” という単語が活躍したんです。

今日は、使えるようになると結構便利な “chance” のお話です。

まずは、よくある “chance” の使い方

日本語の「チャンス」は冒頭でも書いたように、どちらかと言うと「好機」という意味で使われることが多いですが、英語では単に「機会」や「可能性」という意味でよく使われます。

例えば、あなたがある映画を見て感動して、友達に「機会があったらゼヒ見てみて」と言う場合にも “chance” を使って “If you get a chance, you should see it.” というふうに言えます。

また「可能性」という意味で使う “chance” は “Is there any chance 〜?” というフレーズでよく使われます。

例えば、買った物を返品する時に “Is there any chance I could get a refund?” と言うと、返金してもらえるのかを丁寧に尋ねることができます。
“Is there” を省略してカジュアルに “Any chance you could meet me for lunch tomorrow?” というふうにも使われます。

スポンサーリンク

そんな “chance” という単語、もっと活躍させることもできるんです。

私が実際に遭遇した、とある “chance” を使うハプニングがあったので、そのお話をしましょう。

実際に起こったハプニングとは?

それは、空港に向かう途中で起きました。

家を出てバス停に向かっている時に、履いていたブーツの底が剥がれてしまったんです。
左足の、つま先から真ん中あたりまでがベリっとめくれて、歩いているとパカパカする感じです。分かりますか?

最悪です。バスと飛行機の時間も迫っていて、引き返せません。
しかも、日本のようにコンビニで接着剤がすぐに手に入る訳でもないニュージーランド・・・

仕方なくそのまま空港に行って、空港で接着剤を売っている店を探すことになりました。

ここまでは全く “chance” の影もかたちもありませんよね。”chance” が登場するのはここからです。

何だか想像できますか?

「ひょっとして…ですか?」

私は空港に着いてから、本&文房具ショップの店員さんに「あのー、もしかして接着剤って売ってますか?」と、ダメもとで聞いてみました。

お待たせしました、ここで “chance” の登場です。

この「ひょっとして、もしかして・・・ですか?」と聞きたい場合に “by any chance?” という表現が活躍するんです。

日本語で「もしかして・・・」を使う場面を想像してもらえば分かりやすいのですが、何か確信がないことを聞いてみる場合に使いますよね?

英語でもそんなニュアンスを出したい時に、この “by any chance” がピッタリなんです。

この時、私は店員さんに “Do you sell super glue by any chance?” と聞きました。

この文章では “by any chance” が無くてももちろん意味は伝わりますが、”by any chance” があることによって「ちょっとお尋ねしますが、ひょっとして売っていますか?」と、ちょっと一歩下がったような丁寧な感じが出ます。

Glue

“chance” は「チャンス」だけではない

この “by any chance” は、不確かなことを尋ねる場合によく使いますが、何かを控えめにお願いしたい時にも使える便利な表現です。

例えば、ホテルをチェックアウトした後に街を少し観光したいけど、大きなスーツケースを持ってウロウロしたくない時ってありますよね。

ニュージーランドのホテルには、たいていチェックアウト後にも荷物を預かってくれるサービスがあります。

それを知っていながらも、チェックアウトの時にわざわざ「荷物を預かってもらうことは可能ですか?」と聞いてみるような場合にも “Could I leave my bags by any chance?” と聞くと、控えめに尋ねながら丁寧にお願いしているカンジが出せます。

日本語にもなっている「チャンス」ですが、日本語の「チャンス」の意味だけでなく、英語で使えるようになると、かなり重宝する単語です。

“by any chance” や “Is there any chance 〜” ぜひ使ってみて下さいね。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS