「Youは何しに日本へ?」を英語で

こんな時 “he/she” は使わない?
“in time” と “on time” の違いって何?
「洗濯する」「洗濯物」って英語でなんて言う?

スポンサーリンク

皆さん「Youは何しに日本へ?」というTV東京の番組を知っていますか?

日本の玄関口である空港に到着した外国の人をつかまえて「何のために日本に来たのか」を突撃インタビューする番組です。

私は以前、何回か見たことがあるのですが、面白かったです。

今日はこの番組のタイトルにもなっている「あなたは何をしに日本に来たのですか?」を英語で言ってみましょう、というお話です。

知らず知らずのうちに失礼な言い方をしてしまっているかもしれませんよ。

「Youは何しに日本へ?」

これ、あなたなら英語でどんな文章にしますか?

この番組のホームページを見ると、番組タイトルの下に英語で “Why did you come to Japan?” と書かれてあります。

さらに、VTRの中でスタッフが外国の人にインタビューする際にも “Why did you come to Japan?” と言いながらマイクを向けています。

「なぜ= why、あなた= you、日本に来た= came to Japan」なので、文法的には問題なさそうです。
でも、この言い方って正しいんでしょうか?

スポンサーリンク

実はこの表現は、場合によってはとても失礼だと思われてしまう事があります。

“Why did you come to Japan?” が失礼な理由

それは、”why” の「なぜ?」は「理由は何?」という、理由を求める質問の仕方なので、不躾に聞こえてしまうんです。

“Why did you come?” は確かに「なんで来たの?」という意味ですが、どこかネガティブな要素が含まれます。
聞き方にもよりますが、知らない人に突然こう聞かれたら「来ちゃいけなかった?」とムッとされる可能性もあります。

入国審査でパスポートのチェックを受ける時でさえ “Why did you come here?” と聞かれる事はほとんどないと思います。

“Why did you come to Japan?” はストレートすぎるので、もうちょっとオブラートに包んでみましょう。

「なぜ来たのですか?」を丁寧な英語で

英語にはこんな表現があるんです。
What brings you to Japan?

どうですか?
何だか品のある響きじゃないですか?

直訳すると「何があなたを日本に運んで来たのですか?」となりますが、これが「来た目的」を聞く時の定番フレーズなんです。

たまに勘違いして “By airplane” と答えてしまう人もいますが、移動手段を聞いているのではありません。

私もニュージーランドに来てから “What brings you here?” と何度も聞かれました。
“Why did you come here?” や “Why are you here?” のように直接的な聞き方ではないので、聞かれた方もイヤな感じがしません。

Kyoto
© nzlife.net

そして、意外な場所で誰かにばったり会って「なんでここにいるの?」と聞く場合も、親しい友達なら “Why are you here?” や “What are you doing here?” がナチュラルですが、それほど親しくない人には “What brings you here?” の方が丁寧な印象を与えます。

日常の意外な所でもよく使われます

この “What brings you here?” は、実は病院でもよく使われるフレーズなんです。

お医者さんが診察の最初に「今日はどうされましたか?」と聞いてくれますよね。そこで “What brings you here?” がよく使われるんです。

お医者さんはあなたがなぜ病院に来たのか知りたいのですが、”Why did you come here?” なんていう聞き方はしません。

“What brings you here?” と聞かれたら、症状を話したらOKです。

万が一、このフレーズを忘れても大丈夫

例えば、日本を訪れている海外の人と少し話す機会があって “What brings you here?” と聞こうとしたのに、このフレーズが出てこなかったとしましょう。

そんな時も焦らなくて大丈夫です。

代わりに、”Are you (here) on holiday?” や、学生さんぐらいの年齢なら “Are you here to study?” と聞いてみれば失礼になりません。

これも出てこなかった場合は “Why are you here?” や “Why did you come here?” でもいいので、聞いてみましょう。

絶対に使ってはいけない、ということではありません。相手のことを知りたい、会話をしたいという気持ちが伝われば大丈夫だと思います。

言葉選びも大切ですが、それと同時に気持ちも大事ですからね。

こちらのコラムもぜひ参考に

日本で外国の人と話す機会があった時に「何を話したらいいのかわからない…」とお悩みではありませんか?
そんな方は、ぜひ以下のコラムも合わせて読んでみてください!


スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS