意外と知らない?”do” のこんな使い方

「ウィルドゥー」ってどんな意味?
イマイチ正体がつかめない “freak out” って何?
“a couple of 〜” ってどんな意味?

スポンサーリンク

皆さんは “do” という単語、使いこなせてますか?

“Do you like coffee?” や “I don’t know” のように、助動詞として使われる “do” もありますが、今日は助動詞ではなく動詞の “do” にスポットを当ててみたいと思います。

「do = 〜する」という、あまりにも馴染みがありすぎて、なかなか辞書でも調べることのない “do” ですが、実はいろんな使い方があるんです。

動詞の “do” を使うのってどんな時?

動詞の “do” は、”What are you doing?” や “I’ll do it”、”I didn’t do that” のように後ろに it・that・this などを使うことが多いと思います。

では、それ以外で使う動詞の “do” って、どんなものを思い浮かべますか?

To Do's

“What do you do?”、”I’ll do my best”、”Do your homework” などがありますが、他にも何か思い付きましたか?

私はニュージーランドに来るまで、自分が “do” を上手く使えていないと意識することは特になかったのですが、ネイティブの “do” の使い方を見たり聞いたりしていると、自分がいかに “do” を使っていなかったかを実感しました。

「そんなところでも使うの?」というようなところで “do” が活躍するんです。

スポンサーリンク

早速、身の回りでよく使われる “do” を見てみましょう。

家でよく使う “do”

“do” は家の中でとってもよく登場します。

例えば、掃除・洗濯・お皿洗いは全部 “do” で片付いてしまうんです。

「ちょっと掃除してたの」は “I was doing a bit of cleaning”
「後で洗濯するよ」は “I’ll do the washing later”
「彼は今お皿洗ってるよ」は “He’s doing the dishes now”

他にも、知り合いの女性で “do the garden” を使っている人がいました。

「昨日は何してたの?」と聞くと “I was doing the garden” とよく言っていましたが、初めて聞いた時はビックリしました。
“do the garden” とは「庭仕事(庭いじり)をする」という意味なのですが、こんな使い方、なかなか思い付かないですよね。

Garden

他にも、毎日使える身近な “do” があります。
「髪の毛をセット(きれいに)する」という時にも “do” がよく使われるんです。

例えば、髪の毛をセットする時間がなくて、そのまま待ち合わせに行ったら、

“What’s wrong with your hair?”
“I didn’t have time to do my hair”

なんていう会話になるかもしれません。この “do one’s hair” という表現は、知らないと他に何て言えばいいのか悩みますよね。

学校では習わない、こんな “do”

私がニュージーランドで初めて聞いた “do” の使い方がこれです。

カフェやレストランで、ランチも営業しているかどうか聞く場合に「ランチやってますか?」と言いますよね。

これ、あなたなら英語で何て言いますか?

ぱっと思い浮かぶ文章は “Are you open for lunch?”、”Do you serve lunch?” や “Do you have a lunch menu?” が多いと思いますが、そんな時にも “do” が使えるんです。

“Do you do lunch?”

これだけです。めちゃめちゃ簡単ですよね。
ちなみに、この “do” の定義が気になったので調べてみると、オックスフォード新英英辞典では、

make or have available and provide

となっています。

「ランチをやっている = do lunch」と、言われてみればそのままなのですが、こんな使い方は知らないとなかなか口から出てきません。

他にもよく耳にする “do”

その他にも、日常で使うことはありませんが “I don’t do drugs” という使い方もします。これも日本語で「クスリをやる」と言ったりするので、これも実はそのままですよね。

また、以前にコラムで紹介した “That’ll do” や “Will do” にも “do” が使われていますよね。

これらは、動詞の “do” の中でも会話でよく出てくる使い方です。
意味や使い方は、以下のコラムを参考にしてくださいね。


“do” だけに限らず、基本すぎてあまり辞書で調べない単語って、実はもっといろんな使い方ができたりします。

基本的な単語だからこそ、上手に使えるようになれたら表現の幅が広がりますよね。

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS