「これ、どこにしまう?」「どこに置く?」を超簡単な英語で

「高い・安い」は “expensive/cheap” だけじゃない
単語が伝わらない!分からない!さて、どうする?
“positive” を使わずに「ポジティブに考える」

スポンサーリンク

先日『となりのトトロ(My neighbor Totoro)』を日本語音声&英語字幕で見ていたら、ちょっと気になった部分がありました。

それは、最初の方の引っ越しをしてくる場面。
大きな荷物を運んできた男性が「これ、どこへ運びます?」とお父さんに尋ねる場面で、英語字幕は “Where shall I put this?” となっていました。

実はこんな場面で、誰でも知っているあるシンプルな単語が役に立つって知っていましたか?

「どこに置く?」「どこにしまう?」をシンプルな英語で

ある物を「これ、どこに置くの?」と人に尋ねるような場面を想像してください。何かを片付けたり置いたりするイメージです。

冒頭に出てきたような場面以外にも、例えば、本がいっぱい入っている本棚に、本を1冊しまうような場面だったり、拭いた食器を食器棚に戻す場面でもOKです。

どこにしまったらいいのか、どこに置いたらいいのか分からない時に、人に尋ねる時には「置く=put」ももちろん使えますが、

  • Where does this go?

のように、”go” を使った表現を私はよく耳にします。

直訳すると「これはどこに行くの?」ですよね。物が “go” するという表現にちょっと違和感を覚えるかもしれないのですが、この “go” は「行く」とはちょっと違うんです。

「いつもの場所、正しい場所に置かれる」”go”

“go” には “move” や “travel” という大きなイメージがありますよね。
でも、この「どこに置く?」と尋ねる時に使う “go” は、こんな意味なんです↓

to be put in a particular place, especially as the usual place(Cambridge Dictionary

「特定の場所、いつもの場所に置かれる」という感じですね。”belong” のイメージに似ています。

スポンサーリンク

なので、色んなものを「これ、どこに置く(しまう)?」と聞く時や「それはここだよ」と正しい位置を教える時に使えるんです。例えば、

  • Where does this go?
    これ、どこに置くの?
    これ、どこにしまうの?
  • It doesn’t go there.
    それはそこじゃないよ
  • Where does everything go?
    これみんなどこにしまうの?
  • This goes here and that goes there.
    これはここで、あれはそこだよ
  • Where do these plates go?
    このお皿、どこに置く(しまう)?
  • They go on the second shelf of the cupboard.
    食器棚の2段目だよ
  • The book goes on the bottom shelf.
    その本は一番下の棚だよ

みたいに、日常生活のちょっとした時にすごく便利な表現です。
わざわざ新しい単語を覚えなくても、”go” を活用するだけなので覚えやすくないですか?

Untitled

何回聞いても覚えられない「これって、どこ(に置くん)だっけ?」には、こんな表現も使えます↓

「どこに置く?どこにしまう?」を別の表現で

先ほども少し触れましたが、絶対に “go” を使わないといけないわけではありません。
「これ、どこに置く?」「これ、どこにしまう?」は、

  • Where do you want this?
  • Where would you like me to put this?
  • Where do I put this?

と言ってもだいたい同じことが聞けますが「本来の場所に戻す」というよりは、単純に「どこに置く?」「どこに置いて欲しい?」というニュアンスもあります。
「元の場所はどこ?」というニュアンスで聞くなら、”belong” を使って、

  • Where does this belong?

と言うこともできますよ。その物の「本来あるべき場所はどこ?」という感じです。

“go” にまつわる英語コラムはこちら

■これでスッキリ! “go” と “come” の使い分け方はこちら↓

■間違えやすい “have gone” と “have been” の違いはこちらで紹介しています↓

■ “go” は「(機械などが)動く」にもよく使われます↓

■「猫がニャーと鳴く」も “go” を使うと簡単に表せるんです↓

■ “How are you going?” という挨拶に、どう返す?

■ “go” の発音は「ゴー」ではありません↓

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS