“come” を使わずに「来る」を英語で

“understand” を使わずに「分かった?」
“a” でも “one” でもない「1つの」を表す単語
「何か意見はありますか?」を英語で言うと?

スポンサーリンク

こんな場面を想像して下さい。

学生時代の同窓会が地元で開かれることになりました。
同級生の中には、遠く離れた県や隣町へ引っ越した人もいれば、地元に残っている人たちもいます。

同窓会当日、みんなが続々と会場に集まってきました。

「久しぶり!元気にしてた?」と一通りの会話があった後「今日はどうやってここに来たの?」と聞かれたあなたは「車で来たよ」と答えるとします。

この「車で来たよ」、あなたなら英語で何て言いますか?

“I came here by car”

上のシチュエーションで急に英語になるのはヘンだということはさておき「ここへは車で来たよ」を英語にすると “I came here by car” という文章が思い浮かびませんか?

その友達に「あなたはどうやって来たの?」と聞き返すと「昨日の夜、飛行機で来たよ」と答えたとします。

これも英語で言うとしたら、何て言いますか?

来た = came、飛行機で = by airplane、昨日の夜 = last night なので “I came by airplane last night” でしょうか?

スポンサーリンク

また、近所に住む地元在住の友達は「家から歩いて来たよ」と言っています。
「歩いて」は “on foot” というフレーズがありましたよね。そうすると、”I came here on foot” となります。

どの文章も、特に文法で悩むことのない簡単な文章です。

私もよくこう言っていましたが、よーく聞いているとネイティブはあまりこういう表現を使っていないことに気付いたんです。

もっと自然な言い方

私の前の職場は温泉宿だったのですが、ニュージーランド国内から来るお客さんもいれば、国外からの人もいます。

お客さん達と話をする中で「いつニュージーランドにはいつ来たの?」という話題になったり、ニュージーランド旅行の話になったりします。

そんな中でよく出てきた「車で/飛行機で/歩いて来る(行く)」という表現には “come (go) ” が出てこないことがほとんどでした。

“by car”、”by airplane”、”on foot” も、実はあまり耳にしません。
では、実際には何て言うんでしょうか?

「車で来たよ」
「昨日の夜、飛行機で来たよ」
「歩いて来たよ」

です。もう一度考えてみてください。

take off

では、正解です。

“I drove here.”
“I flew in last night.”
“I walked here.”

という表現をします。

“came by car”、”came by airplane”、”came on foot” も間違いではありませんが、実際には上に書いた表現が使われることの方が多いです。

「来る」という日本語に引っぱられると、一番最初に出てくる単語は “come” になってしまいますが、実際には上の “drive” “fly” “walk” のように、それぞれで違う動詞を使ったほうが自然です。

文法も大切。会話から学ぶことも大切

私もそうでしたが、日本で英語の勉強をしていた時には「文法が正しいかどうか」を重視していたように思います。

でも、ニュージーランドに来てから現地の人たちと話をしていると、自分が正しいと思う文法で話しても “Do you mean ◯◯◯◯?” と聞き返されることがあります。

それを聞いて「そうか!そうやって言えばいいのか!」と一つずつ覚えるのですが、正しい文法 = 自然な英語とは限りません。

文法を勉強するのはとても大切ですが、それと同時に「実際に使われている英語にふれる」ということも大事ですね。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS