ヤバい!「遅刻します」を英語で

色の表現は英語と日本語で違う?
意外と間違いやすい「Tシャツ」を英語で
海外のバスでドキドキしないために

スポンサーリンク

友達との待ち合わせや仕事の会議、遅れてはいけないと思っていても遅れてしまうことってありますよね。

そんな時、英語でどうやって電話・メールしますか?

“Sorry, I’m late” でいいのでしょうか?

今日は、遅刻しそうな時に役立つ表現のお話です。

待ち合わせに遅れる

待ち合わせの時間に、どうしても間に合わない時。
友達に連絡するとしたら、日本語では何て言いますか?

「ごめん!ちょっと遅れる」や「ごめん!10分遅れる」というふうに言いますよね。これって、英語で何て言ったらいいんでしょう?

実は英語では「遅れます」と言うときの定番のフレーズがあります。それが、

“I’m going to be late”

です。これで「遅刻します」という意味になるので「ごめん!ちょっと遅れる」は “I’m sorry. I’m going to be a little late” となります。

スポンサーリンク

でも、ただ単に「遅れます」よりも「10分遅れます」など、具体的にどれだけ遅れるかを言った方が相手に親切ですよね。

そんな時は “I’m going to be 10 minutes late(10分遅れます)” や “I’ll be there in 10 minutes(あと10分で着きます)” でOKです。

この “in” の使い方、覚えていますか?
忘れてしまった方は、こちらのコラムで復習をどうぞ↓

向かってる途中で「遅れています」

電車が時間通りに来なかったり、ひどい渋滞で「ごめん!ちょっと遅れてる」と言う場合もありますよね。

そんな時には “I’m going to be late” とは別に、これまた英語でとってもよく使われる表現があります。

それが “I’m running late” という表現です。

これは「(予定よりも)遅れてます」と、遅れていることをとりあえず相手に伝えたい場合に使われます。

例えば、バスが予定時刻よりも10分遅れて来たので、約束に遅れるかもしれない場合。
前もって友達に知らせておきたい時に “I’m running a little late(少し遅れてます)” が使えます。

Run, Leo, Run!

“I’m going to be late” と何が違うのかと言うと、”I’m going to be late” は遅刻が確実な場合に使われるのに対して、”I’m running late” は、今のところ予定より遅れていると言っているだけで、間に合う可能性もゼロではないです。

ただ「今のところ遅れている = その分遅れる」の意味で、遅れるのが確実な時にもこちらを使って事前に知らせたりします。

また、待ち合わせに誰かが遅れて来るのをあなたが知っていて、他の友達に「彼女遅れてるみたい」と言う場合にも “She’s running late” と言えます。

そして、この “running” は「走っている」と誤解されがちですが、実は違うんです。

この “run” は「〜になる」という意味で “run out” や “run short” などと同じような使われ方をしているので “running late” は「遅れている」となります。決して走っている訳ではありません。

遅れて到着!

約束の時間よりも遅れて到着しました。

日本語なら、まずは「遅れてごめんね」と言いますよね。
これも英語にしたら、どうなるでしょうか?

ここでようやく “I’m sorry I’m late” が登場します。

そして、なぜ遅れたのか “I got caught/stuck in traffic” や “The traffic was terrible”、”The train/bus was delayed (late)” など理由を付け加えるといいですね。

特に面接やビジネスの約束の場合は、時間を守る = punctual であることが大切なので、遅れないように気をつけましょうね。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS