意外と知らない?英語の物の数え方

英語で表す「以上」「以下」「未満」
“I’ll be away until Monday” 月曜日は いる?いない?
until と by の違い。「何時まで営業してますか?」にはどっちを使う?

スポンサーリンク

日本語を勉強している英語圏の人がよく言うことがあります。
「日本語って数えるのが難しい。1本、1人、1冊、1台・・・。英語はもっとシンプルだよ」

「確かに!」と思いますよね。

英語では「1本のペン」は “a pen” で「一人の人間」は “a person” です。
一つを表すときは、基本的には “a” を付けるだけです。確かにシンプルです。

でも、英語にもそれだけではない色んな物の数え方があって、それが結構ややこしいんです。

レストランでよく使う「数え方」

英語の数え方が面倒くさい、と私が最初に思ったのはカフェで働いていた時でした。

お客さんが英語でオーダーするのを聞いていると、何ともご丁寧に注文してくれるんです。

a cup of tea = カップ1杯のお茶
a pot of tea = ティーポット1杯のお茶
a glass of orange juice = グラス1杯のオレンジジュース
a bottle of wine/beer = ボトル1本のワイン/ビール
a piece of cake = 1切れのケーキ

といった感じです。
“a” だけで済まされそうな感じがしてしまいますが、”a cake(切っていないホールのケーキ)” と “a piece of cake(ケーキ1切れ)” は違います。

ワインは特に、グラスなのかボトルなのかをハッキリ注文しないといけないので、”a glass of wine” と “a bottle of wine” はとてもよく使われる表現です。

スポンサーリンク

また、レストランではこんなものもよく耳にします。

a bowl of rice/soup = ボウル(お椀)1杯のご飯/スープ
a pair of chopsticks = お箸1膳

日本語なら「白ごはん下さい」と言えばいいところを、英語では “a bowl of rice” と表現します。これでお茶碗1杯なので「白ご飯2つ」と注文する場合は “two bowls of rice” となります。

お箸も日本語では「お箸一つ下さい」と言ったりしますが、”a chopstick” では片方になってしまいます。

お箸の他に靴やスリッパもそうですが、2つで一つの役目をするものには “a pair of” が使われます。

買い物の時に役立つ、こんな数え方

スーパーマーケットでは「◯◯を下さい」と言わなくても買い物ができますが、いざ「◯◯を下さい」と英語で言おうとすると、意外に言えないものがあることに気付きます。

では、ここでクイズです。

下に書かれてあるものを英語で言うと、どうなるでしょうか?
正解は写真の下に書いてあるので、ちょっと考えてみてから読み進めてくださいね。

バナナ1房
食パン1斤
ピザ1切れ
コーラ1缶
ポテトチップス1袋
イチゴ1パック
ハサミ1つ
サングラス1つ
アイスクリーム1すくい

pistachio ice cream
© nzlife.net

では、一つ一つ見ていきましょう。

バナナ1房 = a bunch of bananas
パン1斤 = a loaf of bread
ピザ1切れ = a slice of pizza
コーラ1缶 = a can of coke
ポテトチップス1袋 = a bag of crisps (potato chips)
イチゴ1パック = a punnet of strawberries
ハサミ1つ = a pair of scissors
サングラス1つ = a pair of sunglasses
アイスクリーム1すくい = a scoop of ice cream

いかがでしたか?

バナナやブドウなど房になっている果物の他に、花束にも “bunch” が使われます。
また、 ほうれん草やネギなどの野菜が束で売られている場合も “bunch” で表されます。

パンは日本語でも1斤と1枚を区別するように、英語でも1斤は “a loaf” で、食パン1枚は “a slice” と違う数え方になります。

また、日本人にはちょっとイメージしにくいのが、ハサミやサングラス(メガネ)だと思います。
これらは上に出てきた “a pair of” の仲間なんです。他には、パンツ(ズボン)もこの数え方でしたね。

その他まだまだある、こんな数え方

ちょっとした日常で「紙とペンある?」なんていう場合の「紙」は “a piece of paper” です。「紙切れ」というニュアンスですね。

紙1枚という場合に “a paper” と言いそうになるのですが、これは「新聞」という意味になってしまうので要注意です。

コピー用紙のような紙10枚を表す場合は、また別の “ten sheets of paper” という言い方になります。ややこしいですね。

他にも「えっ?そんな数え方するの?」というものもあるんです。例えば、

a head of lettuce = レタス1個
a cake (bar) of soap = 石けん1個
a reel of wire = ワイヤー1巻
a flock of sheep = 羊の群れ
a herd of cattle = 牛の群れ
a school of sardines = イワシの群れ

こういったものは日常で頻繁には使わないかもしれませんが、上で紹介したものは日常生活で耳にしたり、実際によく使ったりするので、ぜひ覚えて会話で役立ててみて下さいね!

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS