“sleepy” よりよく使う英語の「眠い」

日常の何気ない表現、英語で言えますか?
“what” を上手に使って表現力アップ!
覚えておきたい!ショッピングでの定番表現

スポンサーリンク

友達が何だか眠そうにしているとしましょう。

その友達に英語で「眠いの?」と聞く場合、あなたなら何て言いますか?

「そんなの簡単じゃん。”Are you sleepy?” でしょ」と思った方、実はそう言わないネイティブも結構多いんです。

その代わりに、あなたも知っている別の単語がよく登場します。

眠い = sleepy

「眠い」を英語にしなさいと言われると、かなり多くの人が “sleepy” と答えると思います。

学校の授業でも「眠い = sleepy」だと習いましたよね。
それ以外の単語が思い浮かばないぐらい、”sleepy” は誰でも知っている「眠い」という表現です。

でも、私はニュージーランドで暮らすようになってから、ニュージーランド人が会話の中であまり “sleepy” という単語を使わないことに気が付きました。

他の「ある単語」を使うのですが、どんな単語だと思いますか?
それは、皆さんもよく知っている単語です。

“sleepy” を使わない「眠い」の表現

どんな単語が思い浮かびますか?ヒントを出してみましょう。

スポンサーリンク

ヒント1:こんな状態を表す単語です↓

Untitled

ヒント2:その単語は「疲れた」と訳されることが多いです。

分かりましたか?
正解は “tired” です。

実は、日本語で「眠いの?」と聞くシチュエーションで、”Are you tired?” という表現をする人が私の周りにはとても多いんです。

“tired” は上にも書きましたが、日本語では「疲れた」だと習いましたよね。
実際にジーニアス英和大辞典にも「疲れた・飽きた・うんざりした」と書いてありますが、どこにも「眠い」とは書いてありません。

では、いつものように英英辞書ではどうなっているのか見てみましょう。
オックスフォード新英英辞典では、こんな説明がされています。

in need of sleep or rest; weary

“weary” とは「疲れている」という意味ですが、その前の部分に注目して下さい。
眠りや休息を必要とした状態」と書いてあります。

“tired” が、こんな意味だと知っていましたか?
日本語で言う「あー疲れた」とはちょっと意味が違いますよね。

「眠い」と「疲れた」

日本語では「疲れた」と「眠い」は、似ていなくはないですが、違うものですよね。疲れていなくてもただ眠い時があります。

でも、英語では英英辞書にもある通り「疲れている状態」と「眠りが必要な状態」は全く別物ではないようです。

“tired” はそれほど疲れていなくても「眠い」という時に使うことも多く、”sleepy” を使わずに “I’m tired” という表現が使われます。

“Are you tired?” と聞かれたら “No, I’m just sleepy” などと答えてしまいそうですが、相手には「眠いの?」「いいえ、眠いんです」と聞こえているかもしれません。

私がこの “tired” の使い方を知る前、一緒に働いていたニュージーランド人が仕事中によくあくびをする人だったのですが、よく “I’m just tired” と言っていました。

全く疲れている様子もなく、見るからにただ眠そうな時も “tired” だと言っていたので私は「いや、疲れてないでしょ」と思ったこともあるのですが、今考えればそういうことだったんですね。

Dog tired

“sleepy” は朝起きたばかりで「まだ眠い」というような時や、夜更かししていて「眠い」と言う時、または子ども「眠いよー」と言う時に使うようです。

「疲れた」は何て言う?

“tired” が「(疲れて)眠い」というニュアンスになるなら、ただの「疲れた」は英語で何て言えばいいんでしょうか?

ただ疲れた時にも “tired” は使われるんです。
「眠い」 も “tired”、「疲れた」も “tired” を使います。

もっと疲れた感じを出すには “I’m exhausted” や “I’m worn out” という表現もよく使われます。

今日紹介した “tired” のニュアンスは、英語と日本語訳とで違っていて面白いなと感じたので紹介してみました。

ただ、”Are you tired?” は「ひどい顔をしてるよ」と言われていると不快に受け取る人もいるので、気軽に使うのではなく、本当に眠そうな人を気遣うときに使うといいですよ。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS