「汚い」って英語で何て言う?

ネイティブがよく使う “catch” の表現
英語にも「そもそも」という表現はある?
クリスマスにストッキングを飾る謎

スポンサーリンク

「汚い」って英語で何て言うんでしょうか?

一口に「汚い」と言っても、いろんな「汚い」がありますよね。
「靴が汚い」「部屋が汚い」「字が汚い」に「汚い言葉」と言うこともあります。

それぞれの「汚い」って、英語ではどうやって表すのでしょうか?

「汚い」は “dirty”?

多くの人が真っ先に思い浮かべる「汚い」は “dirty” ではないでしょうか?
「汚い = dirty」と学校の授業でも習いましたよね。

泥だらけの服は “dirty clothes”、庭仕事で汚れた手は “dirty hands” などと、汚れたものを表す時によく使われるのが “dirty” です。

では「部屋が汚い(散らかっている)」も “dirty” でしょうか?

この場合は “My room is messy” や “My room is a mess” という表現をよく使います。

日本語では同じ「汚い」ですが、「汚い服」と「汚い部屋」とでは少し意味が違うんです。

「汚い服」のような「汚い」に使う “dirty” は、

スポンサーリンク

covered or marked with an unclean substance

という意味なのに対して “messy” は、

untidy

「散らかった・乱雑な」「整理整頓されていない」というニュアンスです。”messy” の代わりに “untidy” もよく使われます。

部屋がホコリや泥で汚れている場合は “dirty” でいいですよね。

ここまではよく耳にする「汚い」なので、ご存じの方も多いと思います。
では「字が汚い」は、どうやって表しますか?

「字が汚い」は英語で?

上の “dirty” の定義を見ると「字が汚い」に “dirty” は使わないことが分かると思います。「字が汚い」は、字に何か汚いものがくっついている訳ではありません。

では “messy” は使えるでしょうか?
日本語でも「乱雑な字」と言うように、英語でも “messy handwriting” と言います。

「字」は “character” という単語もありますが、「汚い字」の「字」は手書きの文字のことを言うので “handwriting” という単語を使うんです。

「汚い字」は他にも “terrible handwriting” や、シンプルに “bad handwriting”、汚すぎたり癖が強かったりで読めない字は “illegible handwriting” など色々な表し方がありますが、「汚い・ひどい」と言わなくても “I can’t read your handwriting” でも言いたいことは十分に伝わりますよね(笑)

反対に「キレイな字」と言う場合には “neat” という単語を使うことが多いです。

昔、一緒に働いていたニュージーランド人が「日本人が書くアルファベットは “nice and neat” だね」と言っていたのをよく覚えています。

「汚い言葉」は英語で?

「汚い言葉を使ってはいけません」などのように「汚い言葉」を英語で何と言うか、考えたことはありますか?

汚い言葉の一つに挙げられるのが、ここでは敢えて書きませんが、”f” で始まる単語です。
日本語で言うと「くそっ!」などにあたりますが、そんな言葉は “F-word” と呼ばれます。

若い人たちはよく使っているのを耳にしますが、聞いていて気分がいいものではないので、私は自分では絶対に使いません。

その他にも、英語の口汚い言葉はたくさんあります。
それらは、まとめて「ののしる・乱暴な口をきく」という動詞 “swear” から派生した “swear word(s)” と呼ばれています。

これも、具体的にどんな言葉があるのかは、ここには敢えて書きませんので興味のある方はこちらのWikipediaのページを参照ください。

他にもある「汚い」関連の言葉

「不潔な」のように衛生的ではない「汚い」を強く表したい時には “filthy” という単語もよく使われますし、身なりが汚い(みすぼらしい)には “shabby” や “scruffy” といった形容詞が使われることもあります。

Known as "Scruffy"

また、直接「汚い」という意味の単語を使わなくても、汚くて気持ち悪いものを見たり聞いたりした時に使う言葉もあります。

それが “Yuck!” や “Yucky”です。

汚い靴下が落ちているのを見て “Yuck!” というように使ったりしますが、日本語にすると「ゲ!汚い!」みたいな感じでしょうか。

他にも、気分が悪くなるような汚いものや気持ち悪いものを見た時などには “Gross!” や “(It’s) disgusting!” もよく使われます。

また、英語のニュースでは日本の原発の汚染水は “contaminated water” と報道されたり、「汚染された」は “polluted” で表されることもありますよね。”air pollution(大気汚染)” はよく知られた単語だと思います。

日本語の「汚い」は様々な場面で使えますが、英語では場面に合わせて違った表現があります。いろんな場面に合わせて使い分けられるようになるといいですね。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS