英会話に「瞬発力」は必要か?

イメージでとらえる基本動詞 “see”
英語学習に欠かせない!おすすめ英語教材
たった1本のDVDで英会話を上達させる方法

スポンサーリンク

先日、読者の方から一通のメールをいただきました。
そこには英語の勉強法に関する「ある質問」が書かれていました。

その質問は「英会話の瞬発力を鍛える一人で出来る方法はありますか?」でした。

私はそれまで「瞬発力を鍛える」ということを意識して英語の勉強をしたことはなかったのですが、考えてみるとこれがなかなか奥深いなと思ったので、今日は英語の「瞬発力」について書いてみようと思います。

英会話に「瞬発力」は必要か?

“Yes” か “No” かで言うと、私は “Yes” だと思います。

読み書きだけの英語力なら、それほど瞬発力は必要ではないかもしれません。
テキストで文法の練習問題をしたり、英語の文章を読む時には、試験ではない限り瞬発力が問われることはあまりないように思います。

でも、誰かと会話するということは、言葉のキャッチボールです。
何かを聞かれて、どんなに完璧な答えが浮かんだとしても、3分かかってしまったら会話は途切れてしまいます。

話す内容もさることながら、何かしら反応して言葉にしないとスムーズに進まないのが会話ですよね。

「英会話の瞬発力」って何だろう?

「英会話の瞬発力」とは、皆さんも想像している通り「会話ですぐに返せること」だと思いますが、なぜ英語で話す時は瞬発力がなくなるのでしょうか?

それは、相手の話(質問)を英語→日本語に訳し、自分の意見も日本語→英語にするのに時間がかかるんだと思います。

スポンサーリンク

なので、基本的には日本語を介さずに相手の話を英語で理解して、自分の話も英語でいきなり話すことができれば「瞬発力」は上がります。

でも、それってなかなかすぐにはできないですよね。

そこで大事になってくるのは、できるだけ英語で理解するクセをつけることです。

いつもオススメするEnglish Grammar in Useや英英辞書は、日本語を挟むことなく英語で理解するという点ですごく役立ちます。

でも、もっと早く会話の瞬発力を上げたい!という方に、私がやっていた方法をご紹介します。
誰にとっても有効かは分かりませんが、そんな方法もあるんだ、ぐらいのスタンスで読んでもらえたらと思います。

「瞬発力」を鍛えるには?

まずは相手の言っていることが聞き取れることが前提です。
相手が言っていることが全く分からないと「瞬発力」も何もありません。固まります。

聞き取れるようになると、そこで初めて「瞬発力を上げたい」と思うようになります。
聞き取れたのに答えがスッと口から出て来ない、言いたいことがすぐに表現できずに『う〜ん・・・』『え〜っと』となる感じ、ありますよね。

でも、ただ単に「瞬発力だけ」を鍛えるのは難しいので、瞬発力を高めるには以下の2つのことをしないといけません。

①すぐに使える表現を増やす

上にも書いたように、慣れないうちは会話の瞬間に言いたいことを日本語から英語に直すので時間がかかってしまいます。

なので、英語の単語やフレーズなどを学ぶ(=インプットする)時に、「これはどこでどんな時に使えるか?」と常にアウトプットを意識しておくことが大切です。

また、最初は誰かのマネでもいいので、話す「型」を持っていることはとても有効だと思います。

例えば私は、映画は英語字幕で見て、使えそうな表現(挨拶、言い回しなど)が出てきたらノートにメモする→覚える、という方法をひたすら繰り返していました。

自分が使えそうなところだけでいいんですが、書き写すだけではなく、実際に使えるように口に出して練習して覚えてしまうんです。

そんなたくさんの使える「型」を持っていると、英語で入ってきたものに対して英語で反応するという回路が短くなります。

日本語でもそうですが、もちろん表現方法なんて人それぞれです。
でも、英語で瞬発的に返すのに苦労している時には、まずは「型」を使って『会話で返せるようになった!』という体験を積み上げていくのも大切だと思います。

あの世界のイチローでも、

最初はマネごとみたいなところから始まりますよね。いろんな人のフォームをマネたりして、何となく今の自分がいるという感じはあります。

と話しています。(引用:イチローの名言

②実際に会話をする

これも「瞬発力」を高めるには絶対に必要なことだと思います。
いろんな場面に遭遇して、どんな時にどう返していくかアウトプットの練習を積み重ねていくことが大事です。

使える表現が増えたと思っても、実際に使おうと思ったら「あれ?口から出てこない・・」ということもあります。
「使える表現」にするためには、頭で思っているだけではなく「実際に使うこと」がとても大切です。

もちろん最初は誰だって、会話でパンパーンとは返せません。
それでも自分の使える表現を増やして、アウトプットしていけば、必ずキャッチボールができるようになります。

この①と②の2つとも意識しながら英語の勉強をすると「瞬発力」がつくと思います。何度も言いますが、常にアウトプットを想定していないといけません。

そして、少し慣れて余裕が出てきたら、使ってきた「型」から外れてみて、違う言い方や自分らしい表現を身につけていけばいいと思います。

IMG_9201

つなぎのフレーズを上手に使ってみる

とは言え、話したいことが瞬間的に出て来ないことなんて、誰にでもあります。

でも、無言で固まってしまうと、相手は何を考えているのか、もしくは何も考えてないのか、言ったことが理解できなかったのかなど、何で無言なのか不安になってしまいます。

そんな時には “Hmm…” “Well, let me see…” などと言いながら時間を稼ぐのも一つの方法です。以下のコラムもぜひ参考にしてみてくださいね。

最初から完璧な文章で答える必要はありません。
単語しか出て来なければ、無言でいるよりも単語を言ってみましょう。

そして、だんだん自分の「使える表現」を増やしていけばいいだけの事です。
アウトプットを意識してインプットするようになると、「使える表現」は飛躍的に増えます。

自分が思っている「使える表現」が、本当に使えるかどうかチェックするのも忘れずに。

■■英語の勉強法についてのコラム一覧はこちらからご覧いただけます■■

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS