「休み」って英語で何て言う?

役に立つ「ヒント」「アドバイス」を表す単語とは?
“delicious” を使わずに「美味しい」って言えますか?
意外と間違いやすい「Tシャツ」を英語で

スポンサーリンク

「休みの日は何してるの?」や「明日は私は休みなんです」のような、日常生活で使う何気ない「休み」という表現。

また、会社に長期休暇を申請する時などに「一週間お休みをいただきたいのですが…」と言うこともありますよね。

これらの「休み」を英語でちゃんと言えますか?

「休み」の種類いろいろ

日本語では、冒頭に出てきたように「1日の休暇」も「1週間の休暇」も「病気休暇」も、基本的には「休み」という一言で表せますよね。

では、英語で「休み」を表す単語を思い浮かべた時、どんなものがありますか?

「ホリデー」や「バケーション」が思い浮かぶかもしれません。これらももちろん「休み」ですが、実はそれだけではなく、英語にはいろんな「休み」の表現があります。

上手に使い分けて英語で「休み」を表せるようになりましょう!

仕事が休みの「休日」

仕事をされている方は、休みの日が決まっている方も多いと思いますが、そんな「休み」は英語でどうやって表せばいいんでしょうか?

この場合は「ホリデー」や「バケーション」は使わずに、”off” という単語を使って表します。この場合の “off” は、

スポンサーリンク

away from work or duty
(出典:オックスフォード現代英英辞典)

という意味ですが、日本語でも「オフ」を使うこともあるので、これはイメージしやすいと思います。

例えば「明日は仕事休みだよ」は “I’m off tomorrow”、「私は毎週末が休みです」は “I have weekends off” と言えます。

また、「休日」を表す “day off” を使って「週休二日です」は “I have two days off a week” というふうに表したり、「休みの日は何してるの?」は “What do you do on your days off?” と聞いたりします。

beach

あるいは、1日や数日特別に休みを取る場合などの、本来は働く日だけど休む「休み」も “off” を使って表せます。

例えば「明日は休みをもらっています」は “I have a day off tomorrow” もしくは “I have tomorrow off”、「来週は2日間休みを取る予定です」は “I’m going to take two days off next week” というふうに、1日なら “a day off”、それ以上なら “days off” になるので “s” の場所に注意ですね。

また、忙しかったりして「休みが取れないんだ」は “I don’t think I can take any time off” と “take time off” で表すこともできます。

休みと言えば「ホリデー」「バケーション」

カタカナ英語にもなっている「ホリデー」と「バケーション」。
もちろん、両方ともちゃんとした英語ですが、これにも使い分けがあります。

まずは “holiday” ですが、実は3つの意味があるんです。

1: a period of time spent travelling or resting away from home
2: a period of time when you are not at work or school
3: a day when most people do not go to work or school, especially because of a religious or national celebration
(出典:オックスフォード現代英英辞典)

1の意味は、皆さんがイメージしているレジャー目的の、どこかに遊びに行く「長期休暇」です。”summer holidays” などと言います。

2番は仕事や学校がないというのがポイントです。
個人的に仕事を長期で休んでのんびりしたり、世間全体が休みになる “Christmas holidays”、学校の学期と学期の間にある休み “school holidays” などにも使われます。

実はこの1番と2番の意味で “holiday” が使われるのはイギリス英語です。アメリカ英語では “vacation” がよく使われ、”summer vacation” “Christmas vacation” と呼ばれます。

イギリス英語では “I’m in Italy on holiday” と言うところも、アメリカ英語では “I’m in Italy on vacation” という表現になります。

3つめの意味は日本でいう「祝・祭日」。
ニュージーランドでは「国民の休日」は “public holiday(s)” と呼ばれます。

病気や育児のための「休暇」

病気や育休で仕事を休むこともありますよね。そんな場合の「休み」は何て言うんでしょうか?

asleep

そんな「休み」には “leave” がよく使われます。”leave” とは名詞で、

a period of time when you are allowed to be away from work for a holiday/vacation or for a special reason

という意味があり、”sick leave(病気休暇)”、”parental leave(出産育児休暇)”、bereavement leave(忌引休暇)” などに主に使われる単語です。

「年次休暇」は “annual leave” や “annual holidays” で表されます。

これらの「休暇」を使って休んでいる「休暇中です」は、”on leave” で表し、例えば「彼女は育児休暇中です」は “She’s on parental/maternity leave” となります。

おまけの「休み」

週末の休みは特別に「休み」という単語を使わずに “weekend” で済ませるのが一般的です。

例えば、金曜日の仕事終わりに「週末の休みを楽しんでね=よい週末を!」も “Have a good weekend!” とだけ言うことが多いです。

そして、土日に祝日がくっついた「三連休」も “holiday” ではなく “long weekend” と、”weekend” を使って表されます。

また、学校を休む「休み」には “off” を使わずに “I’m absent today” などと “absent” を使います。”not go to school” とも言えますね。

夏休みや春休みは、上にも出てきたように “school holidays” と呼んだり、”summer break” などという言い方もします。

いろんな「休み」を上手に使い分けよう!

「休み」のことって、会話のきっかけにはもってこいの話題ですよね。

英語でも「休みは〜に行ったよ」や「休みどうだった?」「今度の休みはどこか行くの?」など、休みのことについて話したり、相手に聞く機会って結構多いんです。

いろんな「休み」を上手に使い分けて、ぜひ会話に活かしてくださいね!

職場で役立つこんな表現も

休みや出張でオフィスにいないことを表す「来週は1週間不在です」のような表現も、英語でサラッと言えるといいですよね。こちらのコラムもぜひ合わせてご覧ください!↓

「◯日まで休みです」や「◯曜日までいません」という表現も、英語で言う場合にはちょっと注意が必要なんです↓

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS