学校では教えてくれない “say” の使い方

“go to the school” は間違いじゃない?
“I know イチロー” は仰天される?
覚えておくと役立つ、こんな “get” の使い方

スポンサーリンク

学校で英語を習った時、最初の方に教わる基本的な動詞の一つに “say” がありますよね。

会話でも “I said …” や “He said …” など、とってもよく使う単語です。

そんな “say” が、普段とはちょっと違う使い方で会話に登場することも、実はよくあるんです。

それは、予定をたてる時

友達との飲み会、遊びに行く、映画を見に行く、旅行に行くなど、予定には何かと「日にち(時間)を決める」という作業がつきまといますよね。

英語では「日にちを決める」ことを “fix the date” などと表現しますが、実はその際に “say” が大活躍するんです。

これは先日、実際に起こった話なのですが、友達とピクニックをしようと計画していて、何となく「12日の日曜日」とだけは決めていたのですが、時間を決めていませんでした。

そのまま前々日ぐらいになって「何時にする?」と携帯にメールを送ったところ、こんなメールが返ってきました。

“Shall we say 1pm?”

“Shall we say”?

実はこの “Shall we say ◯◯?” や “Say …?” は、上のシチュエーションのように、時間を提案する時によく使われる表現なんです。

スポンサーリンク

誰かと会う日時を決める時に「いつが都合がいいですか?」や「空いてる日を教えて下さい」と聞く方法もありますが、「金曜日はどうですか?」や「1時でどうですか?」とこちらから提案することもありますよね。

それにあたる表現が “Shall we say Friday?” や “Say 1 o’clock?” となるんです。”Let’s say …(〜はいかがですか、〜にしましょう)” という提案も会話ではとてもよく使われます。

diary
© Roy Wichert-Gonsalves

他の表現と一緒に使われることも多い

「金曜日はどうですか?」と尋ねる他の表現に “How about Friday?” というのもありますよね。

“Shall we say …?” は、この “How about 〜?” と一緒に会話の中で使われることも多いんです。
例えば、仕事の電話でこんな会話があったとします。

Aさん:来週のどこかでお会いしたいのですが。火曜日はどうですか?
Bさん:1時以降なら何時でもいいですよ。
Aさん:では3時でどうですか?
Bさん:いいですよ。

これを英語にしてみると、こんな感じに表現できます。

Aさん:I’d like to meet with you sometime next week. How about Tuesday?
Bさん:I’m available any time after 1pm next Tuesday
Aさん:Shall we say 3 o’clock?
Bさん:That sounds fine

と、こんなふうに “How about” や “Shall we say” を交えて会話すると、同じ表現の繰り返しを避けることができますよね。

いろんな表現を使ってみよう

以前には、『明日、空いてる?』って英語で何て言う?というコラムでも、相手の予定・都合を尋ねる表現を紹介しました。

「いつが都合がいいですか?」「では◯日はいかがですか?」「何時なら空いてますか?」「3時はいかがですか」など、日時を調整する時には色んな表現が登場します。

様々な表現を組み合わせると表現の幅が広がったり、ワンパターンに陥ることも少なくなるので、ぜひ会話に役立ててみて下さいね!

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS