「そんな大袈裟な!」って英語で言えますか?

「歩きスマホ」「ながらスマホ」って英語でなんて言う?
使役動詞の “get”、どう使う?
カタカナ発音では通じない英単語たち

スポンサーリンク

ちょっと信じ難いような大げさな話やオーバーな話を聞いた時、あなたならどんな反応をしますか?

「マジで?」や「本当に?」と聞き返すことがありますよね。
そんな時に使えるフレーズは、先日“Really?” だけじゃない「マジで?」「本当に?」というコラムで紹介しました。

でも、それだけではなくて「そんなオーバーな!」「そんな大袈裟な!」とつっこむこともありませんか?

それって英語でも表現できるんでしょうか?
実は、英語にも同じような表現があるんです。一体、どんな表現なんでしょうか?

例えば、こんな場合

友達が「高校の時はすっごくモテてさ。バレンタインのチョコなんて100個ぐらいもらったよ」と話しているとします。

そんな話を聞いたら「そんなオーバーな!」「またまた大袈裟な!」と言いたくなりますよね。これを英語で言ってみましょう。

「そんなオーバーな!」を直訳して “You’re over!” と言っちゃってもいいんでしょうか。何となくダメな気がしますよね(笑)

おそらく “You’re over!” では分かってもらえないと思います。苦し紛れに訳して「あなたは終わり!」という意味に取れなくもないですが、ワケが分かりませんよね。

そんな「オーバーな!」「おおげさな!」という場面では、”over” ではなく、別のとってもよく使われる表現が登場するんです。

スポンサーリンク

ちょっと発音が難しい

その、とってもよく使われる表現とは “You’re exaggerating!” です。

ちょっと舌を噛みそうになりますが、”exaggerate” という単語を使います。発音は[ɪɡˈzadʒəreɪt]です。耳にしたことはありますか?

日本語では「大袈裟に言う」とか「誇張する」と訳されることが多いですが、オックスフォード現代英英辞典には、

to make something seem larger, better, worse or more important than it really is

と定義してあります。とっても分かりやすく書いてありますよね。

話を盛ったり、大袈裟なことを言ったりして話を大きくしている人に対して “You’re exaggerating!” と進行形で使います。
直訳では「あなたは大袈裟に言っている!」ですが「そんな大袈裟な!」というニュアンスですね。

↓ 街で見かけたカフェの広告。完全に “exaggerate” してますよね。

cafe_ad
© nzlife.net

自分で話す時にも使える便利表現

“exaggerate” は他の人の話に対して “You’re exaggerating!” とつっこむ時以外にも使えるんです。

例えば、逆の立場になって自分が話をする場合。

事実を話しているのに、大袈裟に言っていると思われそうだなという時には “I’m not exaggerating” と自分から言ったりもします。

“I’m not joking/kidding” などでも分かってもらえますが「話を盛ってるわけじゃない」というそのままのニュアンスを表せるのが “I’m not exaggerating” です。

覚えてしまったら結構使える!

慣れないと “exaggerating” が言いにくいですが、実は海外ドラマや映画にもよく出てくるフレーズです。

日常のちょっとした場面で「そんな大袈裟な!」「そんなオーバーな!」と言いたい時、これまで “Really?” や “Are you serious?” ばかり使っていませんでしたか?

テキストではあまり見かけないフレーズですが、ちょっとした日常の場面で使える結構便利なフレーズなので、話を盛っていそうな人がいたらゼヒ使ってみて下さい!

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS