方角を使った基本表現、ちゃんと言えますか?

“week” は何曜日に始まる?7日間とは限らない?
“Nice to meet you” と “Nice to see you” の違い
意外と間違いやすい「Tシャツ」を英語で

スポンサーリンク

私は未だに東西南北を英語で言おうとして一瞬分からなくなることがありますが、皆さんは言えますよね。

英語ではちょっと順番が変わって “north, south, east, west” なんて言ったりもしますが、順番以外にもっと大切なこともあります。

それは方角を使った英語の表現です。

例えば「◯◯は△△の北にあります」「□□は◯◯から北に電車で3時間のところにあります」といった表現、ちゃんと言えますか?

まずはおさらい

北=north、南=south、東=east、西=west でしたよね。

何をいまさらという感じですが、日本を一歩出ると “Where are you from?” という質問をされる機会が確実に増えます。

さすがに “I’m from Japan” と答えて “Where is Japan?” と言われることはほとんどありませんが、もっと具体的に “Whereabouts (in Japan?)” と聞かれることもあります。(whereaboutsについては過去のコラムをご覧ください)

そうすると、海外でも知られている東京や大阪などのメジャーな都市なら地名でたいてい分かってもらえますが、場所によっては相手が知らない可能性だってあります。

そんな場合は「日本のどのあたりで・・・」とか「東京からどれぐれいの距離で・・・」といった説明をすることになります。

スポンサーリンク

となると、東西南北を使った表現はできるようになっておきたいですね!

「◯◯は△△の北部にあります」

では「青森は日本の北部にあります」を英語で言うとどうなるでしょうか?
「北」は “north” です。日本のなかで北の方なので、

“Aomori is in the north of Japan”

でいいですよね。もしくは “northern” という形容詞と “part” を使って “northern part” と表すことも多いです。

そうすると “Aomori is in the northern part of Japan” とも言えると思います。

あるいは “Aomori is in northern Japan” と言うこともできますよ。

Apple Basket
© Jim Belford

「◯◯は△△の北にあります」

では、次に「埼玉は東京の北にあります」と言ってみましょう。

上の段落で紹介した「青森は日本の北部にあります」と似ていますよね。

何が違うのかと言うと、青森の場合は「日本の敷地内で北のほう」なのに対して「埼玉は東京の北にある」の場合は、埼玉は東京の敷地内ではありません。

日本語って難しいですよね・・・

東京の敷地外の「北」に位置することを表す時には “in the north of” は使えません。

この場合は単に “Saitama is north of Tokyo” と表します。

もう少しイメージしやすい情報を付け加える

上で紹介した “◯◯ is north of △△” をベースにすると、どんな位置にあるのか、相手がもっと想像しやすい文章を作ることもできます。

例えば、神戸の場所を知らない人に「神戸は大阪から西に30kmのところにあります」と言えば、おおよその位置を想像してもらいやすいですよね。

では、これも英語で言ってみましょう!

まずは「神戸は大阪の西にあります」が “Kobe is west of Osaka” でした。これに「30km」という情報を付け加えればいいだけです。

“Kobe is 30 kilometres west of Osaka” でバッチリです。

La fortezza luminosa @ Kobe Luminarie (Il cuore nella luce)
© Hideyuki KAMON

では次に「名古屋は東京から車で西に約5時間のところにあります」はどうでしょうか。
これも “◯◯ is north of △△” をベースにすると、簡単に言うことができます。

“Nagoya is about a five-hour drive east of Tokyo” もしくは “Nagoya is about five hours’ drive east of Tokyo” どちらでもOKです。

さらに電車の場合も練習してみましょう。
「神戸は大阪から電車で西に50分のところにあります」はどうなるでしょうか?

もう簡単ですよね。
“Kobe is 50 minutes east of Osaka by train” でバッチリ伝わります。

基本的な表現は使えるようにしよう!

今回紹介した文章はどれも簡単なものばかりです。
でも実際には、基本的なことなのに意外とうろ覚えなこともありますよね。

今回出てきた例文はどれも、地名や単語を入れ替えるだけで、自分の出身地や住んでいる場所を表せると思います。

英語で話す時は自分のことや日本のことを話すことも多くなるので、いざ使う時に「えーっと・・・」とならないように、いつでも使えるように練習しておきましょう!

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS