「最初から・ゼロから」って英語で何て言う?

“make the most of” と “make the best of” 違いは何?
「薬」「薬局」って英語でなんて言う?
“go” の読み方は「ゴー」じゃなかった?!

スポンサーリンク

最近、テレビで料理系の番組を見ることが多いのですが、今日はそこでとってもよく出てくる表現を紹介したいと思います。

それは、カレーを作る際に市販のルーを使わずにスパイスを調合して「最初から作る」や、市販のパイ生地を使わないでパイを「最初から作る」といったような「最初から」というフレーズ。

料理だけで使われるわけではありません。

「私の父はゼロから会社を築きました」などの「ゼロから」を表現する時にも使われます。

「最初」をどう表す?

「最初」と言えば “beginning” という単語が思い浮かびませんか?
「最初から」は “from the beginning” というフレーズで表すこともできます。

でも、カレーのルーを使わずに「最初から」や市販の生地を使わずにパイを「最初から」作る、会社を「ゼロから」興すといった場合に使われる定番のフレーズがあるんです。

それは “from scratch” です。耳にしたことはありますか?

“scratch” とは一体、何なのでしょうか?

“scratch” = スクラッチ?

“from scratch” の “scratch” は「スクラッチ」です。
そもそも “scratch” とは「引っ掻く・傷をつける」という動詞でよく使われる単語です。

宝くじで銀色のコーティングされた部分を削って、当たりかハズレかが分かったりするものも「スクラッチ」と呼びますよね。これも 「こすって傷つける」ので「スクラッチ」と呼ばれるんですね(英語では “scratch card” や “instant lottery” などと呼ばれます)。

スポンサーリンク

でも実は “scratch” には、もともと地面を引っ掻いて付けた、スポーツの「スタートライン」の意味もあって、その “scratch” からスタートする選手は他のハンデをもらった選手に比べて、ハンデなしのゼロからのスタートでした。

そこから “start from scratch” で「有利な条件・ハンデなしからのスタート」という意味になり、”from scratch” が

from the very beginning, especially without utilizing or relying on any previous work for assistance

という意味を表すことになったようです。

「カレーを(ルーを使わずに)最初から作りました」

では、実際どんなふうに “from scratch” を使うのか見てみましょう。

市販の出来合いのものを使わず、全くのゼロから料理を作る時によく使われるのが “from scratch”。

「カレーを(ルーを使わず)最初から作りました」は “I made curry from scratch” と言えば、スパイスを調合して市販のペーストやルーを使わずに作った、という意味になります。

curry
© nzlife.net

同じように市販のパイ生地を使わずに「アップルパイを生地から作りました」と言いたい場合も「生地を作った」とわざわざ英語にしなくても “I made an apple pie from scratch” でバッチリ伝わります。

料理だけでなく、会社・ビジネスを何もないところから作り上げた場合にも使えます。

“My father built his own company from scratch” と言えば「父はゼロから会社を築き上げた」ということになります。

また、上の英英辞書の定義にもあったように “from the very beginning” という意味で “We had to start over from scratch” のように使えば「私たちは最初から(ゼロから)やり直さないといけなかった」となります。

いろんなところで使える

「全くの最初から」を表すシンプルな表現 “from scratch” は料理だけでなくいろんなシーンで使えます。

“from the beginning” でも「最初から」というニュアンスは表せますが、全くアドバンテージがない状態からというニュアンスが含まれるのが “from scratch”。

何もないところから努力して(骨を折って)成し遂げた!という場合にはぜひ使ってみて下さいね。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS