「伝言を伝えておきます」って英語で何て言う?

「ウィービット」って何だろう?
単語が伝わらない!分からない!さて、どうする?
“How are you going?” と言われたら何て答える?

スポンサーリンク

電話の応対を英語でするのって慣れないとドキドキしますよね。

ビジネス英語を習う時にも「電話応対」という項目があるほど、相手を目の前にした普段の会話とはちょっと違うので慣れが必要です。

でも、実は決まった表現を使っているだけだったりもするので、フレーズさえ覚えてしまえば少しはドキドキが少なくなります。

今回は私が最近何かと耳にする機会が多い「伝言を伝えておきます」という表現に注目してみました。

まずは伝言があるか聞いてみる

例えば、職場にかかってくる電話。

同僚あての電話だけど、その人が席を外していたり外出している場合がありますよね。そんな時、日本語では「伝言を承りましょうか?」と言います。

これを英語で言うと、どうなるでしょうか。
「承る」の日本語につられてしまうと難しいですが、英語ではシンプルです。

“Can I take a message?” や “Would you like to leave a message?” などが一般的によく使われていると思います。

日本語を直訳すると主語を “I” にした文章ばかり考えてしまいがちですが、”Would you like to 〜?(あなたは〜したいですか?)” となるところが英語っぽいですよね。

スポンサーリンク

そうして伝言内容を聞いた後には「伝言を伝えておきますね」と言ってあげると相手は安心します。

これが今日のタイトルにもなっているのですが、英語では何て言えばいいのでしょうか?

「伝言を伝えておきます」その1

和英辞書には「伝言を伝える = convey a message」という表現が載っていたりしますが、私はこの表現が実際に使われているのを一度も聞いたことはありません。

もちろん、表現もいろいろあるはずなのでこれが間違っているという訳ではありませんが、実際に耳にするのはもっと違う表現が圧倒的に多いんです。

例えば “I’ll make sure he/she gets the message” はとってもよく使われています。(”make sure” についてはこちらのコラムを参照して下さい)
これは日本語から直訳するとなかなか出てこない表現ですが「彼/彼女が必ずメッセージを受け取るようにします」という電話応対の定番の言い回しです。

でも、もう一つとってもよく耳にするフレーズがあるんです。

090/365: String telephone

「伝言を伝えておきます」その2

とってもよく聞く表現とは「伝言をパスする」という表現で “pass” を使います。

でも “I’ll pass the message” ではなく、”I’ll pass the message on (to him/her)” となるので少しだけ注意が必要です。”OK, I’ll pass that on” というのも私はよく耳にします。

“pass something on (to somebody)” はオックスフォード現代英英辞典によると、

to give something to somebody else, especially after receiving it or using it yourself

と定義されています。
「受け取ったものを誰か他の人に渡す」ということですね。伝言の場合も「受け取ったメッセージを渡す」ので “pass on” が使われます。

最後の “on” をうっかり忘れそうになりますが “pass the message on” でひとかたまりなので、実際に口に出して覚えましょう。

電話の応対で使える表現はたくさんある

今回は私が最近やたらとよく耳にする「伝言を伝えておきます」というフレーズを取りあげましたが、電話で使う表現は他にもたくさんありますよね。

また機会があれば少しずつ紹介していきたいと思います。

「伝言を伝えておきます」はかなり使えるので、まずは一つぜひ覚えて使ってみて下さいね!

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS