「音」だけじゃなかった!”sound” のこんな使い方

意外と間違いやすい「Tシャツ」を英語で
絶対に覚えておきたい!「目」を使ったイディオム
“delicious” を使わずに「美味しい」って言えますか?

スポンサーリンク

“sound” と言えば、頭の中にイメージするものは、たいていの人は「♪」や「♫」のようなものだと思います。

実際に “sound” には「音」という意味があって、日本語でも「サウンド」という言葉は音楽と強く結びついていますよね。

例えば「サウンドトラック」や「サウンドチェック」と言えば音楽を連想させたり、不朽の名作『サウンドオブミュージック』も音楽満載の映画ですよね。

そんな「音」のイメージが強い “sound” ですが、実は「音」が全く関係ない意味もあったんです。

“sound” は「音」

まずはたいていの人が連想する「”sound” = 音」の復習を。

“sound” は冒頭にも触れたように「音楽」ととっても関連のある単語ですが、必ずしも「音楽」の「音」だけとは限りません。オックスフォード現代英英辞典に、

something that you can hear

とあるように、耳で聞こえるものを “sound” と表現します。

なので、ハチの羽音も “sound” だし、森がザワザワする音も “sound”、人の足音も “sound”、物音も “sound” です。

これらの “sound” が耳障りだったり不快になると、違う単語が使われます。それは、

a sound, especially when it is loud, unpleasant or disturbing

スポンサーリンク

と定義される単語 “noise” です。ということは、広い意味では “noise” も “sound” なんですね。

そんな「耳で聞こえる音」を広く表す “sound” ですが、まったく「音」と関係ない意味があるとしたら、意味を想像するのは難しいですよね。

意外とよく使われる、こんな “sound”

次に紹介する「音」と関係ない “sound” ですが、私はよく目にしたり耳にすることがあります。

例えば、次の文章はどんな意味だと思いますか?
“I got home safe and sound after twelve hours’ drive”

「私は家に着いた。12時間の運転の後に」というのは分かりますよね。12時間運転してようやく家に辿り着いた場面が想像できます。

でも、問題は “safe and sound” です。”safe” は「安全な」ですよね。では、この “sound” はどう訳しますか?

Driving home for Christmas
© Bert Kaufmann

勘のいい方は何となくお気付きだと思いますが、実はこの “sound” は名詞ではありません。形容詞です。”sound” という単語は形容詞で、

in good condition; not damaged, injured, or diseased

という意味があるんです。
そうすると “safe and sound” がどんなものか、何となくイメージできませんか?

“safe and sound” は「無事に、何事もなく無事に」という意味のフレーズで「行く・来る」などの移動を表す動詞と一緒によく使われます。

私は初めて耳にした時に「ほほぉ、そんな表現があるのか」と思いましたが、それ以来わりとよく耳にします。

こんな意味もある、形容詞の “sound”

形容詞の “sound” は上で紹介した以外の意味もあります。

deep and undisturbed

という意味で、これは睡眠を表す際によく使われる形容詞です。

“sound sleep” で、ちょっとやそっとでは起きないぐらい、ぐっすり熟睡している眠りを表し、”I had a sound sleep” と言えば「ぐっすり熟睡した」ということです。

“Did you have a sound sleep last night?” と聞かれることもあるので、この意味を知っていると「ん?音?」と、名詞の “sound” と混乱せずに済みますよね。

身近な単語にも発見がいっぱい

今回紹介した “sound” の使い方もそうですが、ネイティブの会話を注意して聞いていると、自分が知っているはずの単語なのに、意味が分からない文章に遭遇することがあります。

そんな時こそボキャブラリーを広げるチャンスです!

その場で相手に聞けない場合でも、携帯のメモ帳機能などを使って残しておき、後で調べるクセをつけましょう。

自分が知らなかったけど意外とよく使われている表現や「おー!そんな意味があったのか」という表現に出会うことができます。かなり地道な作業ですが、そんな小さな発見の繰り返しが一番《使える英語》が身に付くのではないかと思います。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS