スッキリ解決!look, see, watch の違い

Wikipediaでシンプルな英語を学ぶ
「洗濯する」「洗濯物」って英語でなんて言う?
話す時に意識したい、ちょっとした英語の基本

スポンサーリンク

英語で話していると、会話の途中で単語のチョイスに迷うことってありませんか?

例えば、今回のテーマ「見る」という英単語。

日本語で「見る」と言いたいのに、それを表す英単語がたくさんあって、どれを選べばいいのか迷ったこと、皆さん一度はあるのではないでしょうか。

会話では「えーっと…どの単語を使うんだろう?」とゆっくり悩んでいる時間はないので、日頃からちゃんと理解しておきたいですよね。

そこで今回は「見る」を表す代表的な単語 “look”、”see”、”watch” の違いを分かりやすくお届けします!

この2つ文の違いは?

では、まず “look” と “see” の違いから見てみましょう。下の2つの文章の違いは何でしょうか?

  • He ran into me because he wasn’t looking.
  • He ran into me because he didn’t see me.

“run into me” で「私にぶつかる」という意味なので「彼は私にぶつかってきた」というシチュエーションが想像できますよね。問題はその理由です。

何となく「見ていなかったから」という雰囲気は感じ取れると思います。でも、ここで “look” と “see” の違いが分からなければ、この2つの文章の違いは分かりません。

実はこの例文、日刊英語ライフがいつもおすすめするEnglish Vocabulary in Useからの引用です。そして、そこには次のような分かりやすい解説が書かれています。

スポンサーリンク

“look” と “see” の違い

“look” と “see” の意味の違い・ニュアンスの違いに気をつけながら解説を見てみましょう。

He ran into me because he wasn’t looking.(=paying attention) [the speaker seems angry]

He ran into me because he didn’t see me.(=wasn’t able to see me) [the speaker is not angry]

違いは分かりましたか?

“he wasn’t looking” は「見ていなかった = 注意を払ってなかった」に対して “he didn’t see me” は「見えていなかった」となります。全然違いますよね。

“look” は「注意を払って意図的に見る」という「見る」です。一方、”see” は「視界に入る」という「見える」を表します。

なので「私を見て!」は “Look at me!”、「注意深く見る」は “look carefully” が一般的によく使われます。

それに対して、誰かに「Johnさん見かけた?」と尋ねる時には “Have you seen John?” と聞きますよね。”Have you looked at John?” とは言いません。

Look into my eyes

じゃ “watch” って何?

“watch” は「動いているものを見る」と習いませんでしたか?確かにそれも正解です。
でも、オックスフォード現代英英辞典ではこんな分かりやすい定義がされています。

to look at somebody/something for a time, paying attention to what happens

“paying attention” という意味では “look” と同じですね。でも “look” との違いは “for a time” と最後の部分です。

「何が起きるか注意してじっと見る」というのが “watch” の基本的な意味です。
なので、スポーツの試合やテレビを見る場合にも “watch” が使われるんです。

また、私が娘と一緒に通っているプレイセンターで「育児の中で素晴らしいと思うことって何?」というディスカッションがあったときにも、他のお母さんたちが “Watching ◯◯(名前)grow” という発言をしていました。

子どもの成長を注意しながらじっと見る、というニュアンスが感じ取れますよね。
動くものだけに使われるのではなく、このような<変化するもの>をじっと見る場合にも “watch” はよく使われます。

また、”watch” は「注意する・気をつける・警戒する」という意味でもとてもよく使われます↓

「見る」は “eye” を使って表すことも

「席をはずす間、ちょっとだけ荷物を見ていてくれませんか?」や「留守の間、気にかけて見ていくね」といった「見る」は、”eye” を使ったイディオムで表すことも多いんです。

会話でもよく使われる “eye” を使ったフレーズは、以下のコラムで詳しく紹介していますので、ぜひ合わせてご覧ください!

英語を英語で理解する

日刊英語ライフが英英辞典や、英語で書かれた参考書English Grammar in UseEnglish Vocabulary in Useをおすすめするのにはワケがあります。

それは、今回の「見る」のように、日本語にしてしまうとそれぞれの単語の持つニュアンスが分かりにくくなってしまう場合があるからです。

英和辞典もすぐに日本語を知りたい時には役に立ちますが、英英辞典なら英単語が持つそもそもの意味やニュアンスも知ることができる場合が多いので、絶対におすすめです。

English Grammar in UseEnglish Vocabulary in Useも、シンプルで分かりやすい解説がされているので「そうだったのか!」という発見があって、英語で英語を勉強するのが楽しくなること間違いなしですよ!

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS