“want” を使わずに「〜したい・したくない」

“angry” を使わずに「怒ってる」って言えますか?
「ウィービット」って何だろう?
褒められた。さて、どうする?

スポンサーリンク

今日はイギリス英語でとってもよく使われる単語のお話です。

こんなシチュエーションを想像してみてください。
一緒にコンサートに行く予定だった友達が行けなくなってしまって、チケットが1枚余ってしまいました。

そこで他の友達を誘おうと思って「もし行きたかったら教えてね」と英語でメールするとしたら、どんな文章にしますか?

“want” を使わずに「(とても)〜したい」「〜に乗り気な」を表現できる、とっても便利な単語があるんです。

「鋭い」という意味でよく知られています

今回紹介する単語は、英和辞典を引くと一番最初に「鋭い」という意味が上がってくることが多いので、この意味で覚えている人も多いかもしれません。

何となく見当がつきましたか?その単語とは “keen” です。
普段はあまり使いそうにない単語だと思いませんか?

でも実は、イギリス英語寄りの英語を使うニュージーランドでは「とても〜したい」「〜に乗り気な」という場面で、しょっちゅう耳にする単語なんです。

例えば、冒頭に出てきたコンサートのチケットの話。

「もし行きたかったら教えてね」は “If you want to go” や “If you are interested” も使えますが、”If you are keen, just let me know” という表現もよく使われます。

スポンサーリンク

“interested” よりも「行きたい!」という乗り気な感じが伝わってくるのが “keen” ですが、オックスフォード現代英英辞典ではこんなふうに定義されています。

(especially BrE) wanting to do something or wanting something to happen very much

では、実際にどんなふうに使われるのか、もう少しくわしく見てみましょう。

“keen” の使い方

私が一番よく耳にしたり目にするのは、上にも登場した “if you are keen” という使い方です。

押し付けがましくなくサラッと誘いたい場合などに使われます。

辞書には「熱望して」という意味が載っていますが、それほど大げさでもなく「もし興味あれば」よりも、もう少し乗り気ぐらいの「もし〜したければ」ぐらいのニュアンスで使われていると思います。

また “be keen to 〜” という形で「とても〜したい」という意味でも使われます。オックスフォード現代英英辞典には、

John was very keen to help.

という例文が載っているように、”want to 〜” のもっと「〜したい」度が高いのが “be keen to 〜” になります。

Happy

なので、日本に興味のある海外の人は “I’m keen to learn Japanese” なんていうふうにも使いますよ。

また、”be keen on 〜” となると「〜に夢中」「〜に熱中して」のような「大好き」といったニュアンスが含まれます。

例えば “He’s keen on Kate” だと「彼はケイトに熱を上げている」といった感じになり、ヨガに熱中している人のことは “She’s keen on Yoga” と表すことができます。

否定形こそ覚えておきたい

“keen” は、実は否定形でもとってもよく使われる単語です。

例えば “She really wanted to go out but I wasn’t keen” なら「私は気乗りしなかった」という訳が一番しっくりくると思います。

“I’m not too keen” と言うと「あまり気乗りしない」といったニュアンスが出るので、何かをやわらかく断りたい場合にもよく使います。

さらに “not too keen” は、何かを控えめに「好きではない」を表す時にも使えて便利です。

例えば友達にカラオケに誘われたけど「実はカラオケ嫌いだから行きたくないなんだよね…」というような場合。

“I don’t want to go because I don’t like karaoke” とズバッと言うとキツい感じがしますが “I’m not too keen on karaoke” なら、やんわり「好きではない = 行きたくない」ことを表現することができます。

こちらのコラムでも、やんわり「嫌い」を表せるフレーズを紹介しています↓



失礼のないように相手の誘いを断りたい時は、こちらのフレーズも役立ちますよ!

“I want to 〜” から卒業してみませんか

「〜したい」を表す場合に “I want to 〜” ばかり使ってしまいがちな人はいませんか?

“I want to 〜” はあまり多用しすぎると、子どもっぽい話し方に聞こえてしまいます。

「〜したい」は “want to” 以外にも様々な表現があるので、ネイティブの会話の中から盗んでみたり、新しい表現に出会ったら意識して使ってみるなどしてみましょう。

特に日常の中でよく使う表現は、ワンパターンだでけはなく使える言い回しをいくつか持っておきたいですね。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS