初対面の相手の名前、どうやって聞く?

「自分で」は “myself” ? それとも “by myself” ?
“become” を使わずに「君はいいパパになるよ」
BYO以外にもいろいろある●YO

スポンサーリンク

今回はちょっと基本に戻ったお話です。

英語のシチュエーションで初対面の人に名前を聞く時、皆さんはどうしていますか?

初対面なのでなるべく失礼のないように “May I 〜” を使って聞きましょう、とよく言われますが、そういった丁寧な言い回しを使っていますか?

今回は、初対面の人の名前を聞く方法や電話で相手の名前を聞く方法など「相手の名前を聞く」がテーマです。

初対面の人に名前を聞きたい場合

まずは、これまでに習った “May I have your name?” のような「丁寧に相手の名前を聞く表現」を一旦忘れましょう。

丁寧に聞かないと・・・と、言い回しだけに惑わされてはいけません。
実はもっと大切なことがあるんです。

それは・・・自分から先に名乗ることです。

いくら丁寧な表現で相手の名前を聞いたとしても、自分は名乗らずに相手に名前を聞くというのは、残念ながらあまりいい印象ではないですよね。

なので、いきなり “May I have your name?” と聞くのではなく、”Hi, I’m Tato” と切り出すのがスマートです。名乗りながら手を差し出して握手を求めることも多いです。

スポンサーリンク

そうすると相手は “Hi, I’m John” と返してくれるはずなので、わざわざ『名前を教えて』と言う必要はありません。

“Hi, I’m Taro, and you are …?” と最後の部分を濁しながら言っても、相手は “I’m John” と返してくれるはずです。

自己紹介なしで会話が始まった場合

私がニュージーランドで暮らし始めて、日本との違いでかなりビックリしたことがありました。

それは、他人ともすぐに親しくなって、おしゃべりがガンガン弾むことも少なくないということです。

公園で、カフェで、または飛行機の中でも隣の人とかなり親しそうに話しているなぁと思ったら、知り合いではなく、たまたま話していただけ、という場面に何度も遭遇したことがあります。

そんな時にはたいてい、たわいもない事から話が始まるので、わざわざ名乗って自己紹介をするという機会がなかったりします。

でも、話し込んでからでも、途中や最後で名乗るということもあります。
そんな時には “By the way, I’m Taro” と言いながら笑顔で握手を求めると自然ですね。

Nice to meet you my good man
© Michael Peteuil

いろんな「お名前は?」

“What’s your name?” は相手に失礼な聞き方なので使わない方がいい、と言われることがよくありますが、絶対に使わないかと言うと、そうでもありません。

ホテルや会社の受付などのちょっとかしこまった接客では “May I have your name (,please)?” がよく使われますが、そうではない場合、”What’s your name?” と聞くネイティブはたくさんいます。

某外資系コーヒーショップでは注文する時に名前を聞かれますが、その場合も “What’s your name?” と聞かれることが多いです。

実際のところ、接客業のように自分が名乗る必要がない場合などには一般的に使われているというのが私の個人的な印象です。
「丁寧な表現ではない = あまり使われない」ということではありません。

電話で『どちら様ですか?』と相手の名前を聞きたい場合には “May I ask who’s calling please?” や “Who am I speaking to?” などを耳にすることが多いです。

さらに、日本語にすると同じ「どちら様ですか?」ですが、玄関のドア越しに尋ねる『どちら様ですか?』は “Who is it?” となります。

名前ってやっぱり大事

相手の名前を聞いたら、とにかく口に出しましょう。

自己紹介の時に相手が名乗った後で “Nice to meet you, John” と言ったりして、相手の名前を呼ぶということはとても大切です。(この辺のくだりは過去のコラムお互いの名前を呼び合う大切さをご覧ください)

なので、名前が聞き取れなかったり、忘れてしまった・・・という場合には出来るだけ早めに “Sorry… What was your name again?” と聞きましょうね。

名前が分からずにうやむやになってしまうよりも、こう聞いた方が相手には失礼になりませんよ。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS