「そのうち」って英語で何て言う?

覚えておきたい “right” の使い方
イマイチ正体がつかめない “freak out” って何?
相手にやわらかく伝える「〜した方がいいよ」

スポンサーリンク

先日、お友達のニュージーランド人家族のお家に遊びに行った時のこと。

床に座って話をしていたら、一番下の子が紅茶の入ったカップをひっくり返してしまい、カーペットが濡れてしまいました。

そこでお母さんが一言「そのうち乾くわ」と、全く気にしない様子で笑っていたのですが、この「そのうち(いつか)乾くわ」のような「そのうち・いつか」って、あなたならどうやって表しますか?

実はとっても簡単なのに、直訳しようとするとなかなか出てこない表現のお話です。

「いつか」を表す英語表現

日刊英語ライフではこれまでにも「いつか」を表す表現を何度か紹介してきました。

まずは “someday” や “sometime” がありましたが、この2つの違いは覚えていますか?忘れてしまったという方は、こちらから復習をどうぞ。

または「ある時点で」「ゆくゆくは」という意味の「いつか」を表すフレーズも紹介しました。あまり辞書には載っていないフレーズでしたが、どんなフレーズでどんなふうに使うか覚えていますか?

こちらも忘れてしまった方はこちらのコラムをご参照ください。

でも、これらの「いつか」の表現は、冒頭にでてきた「(カーペットが)いつか・そのうち乾くわ」と言う場合にはちょっと違和感があります。

スポンサーリンク

直訳せずにニュアンスで考えてみる

お母さんが言った「いつか・そのうち乾くわ」の英語表現は、これを一語一句直訳しようとすると、恐らく違うものになってしまうと思います。

でも、誰でも知っているある英単語を使えば、このニュアンスを簡単に表現できてしまうんです。さて、それはどんな単語だと思いますか?

少し考えてから読み進めてくださいね。

Mug project: 50

お母さんが言った「いつか・そのうち乾くわ」とは “It’ll (=It will) dry” でした。

「そのうち」を和英辞書で引くと、色んなイディオムが出てきますが、今回のような場合はわざわざイディオムを使わなくても “will” で表すことができてしまうんです。

“will” は《未来のことを表す時に使う》と教わりましたが、こんな風な使い方は、慣れないと口からスッと出てきにくいですよね。

「そのうち」を表す “will”

実は過去のコラムでも、この “will” の使い方を一度紹介していました。

イメージでとらえる基本動詞”see” の中で紹介した “We’ll see” というフレーズを覚えていますか?

これは「そのうち・いずれ分かるよ」といった定番のフレーズなのですが、やはり “will” だけで「そのうち」という漠然とした時間のニュアンスを表しています。

また、今はアイデアが思い浮かばないけど「そのうち降ってくるよ」という場合に “It’ll come to me” という表現も使われます。

他にも、人の名前や何かを思い出そうとしていて思い出せない時にも “will” を使って “It’ll come back to me(そのうち思い出すよ)” と言うのも、お決まりのフレーズです。

漠然とした時間を表す “will”

今回登場した “It’ll dry” や “We’ll see”、”It’ll come (back) to me” のどれも「いつか・そのうち」の直訳フレーズが使われている訳ではありません。

でも “will” が持っている未来の漠然とした時間のニュアンスを掴んでいれば「いつか・そのうち」という日本語がしっくりくる感じが分かると思います。

一語一句の直訳に頼らず、単語が持つニュアンスを生かして表現することも大切ですね。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS